Home > プレス発表会 | 上野公園 | 特派員 > 冷泉家 報道内覧会 東京都美術館

冷泉家 報道内覧会 東京都美術館

本日は明日から公開になる『冷泉家 王朝の和歌守歌』展のプレス内覧会に行ってきました。

平安時代の公家文化を受け継ぐ京都・冷泉家。今回の展覧会は800年間受け継いだ和歌集や歌学書などを84巻にわたって刊行した「冷泉家時雨亭叢書」の完成を記念して東京都美術館で開幕します。和歌などの文化事業を家業にして伝えられ続けているのは世界でも冷泉家のみという歴史観や国宝5点をはじめ守り伝えられた貴重な古文書の真髄を楽しみながら、大和歌の心の全てを伝えます。

reizen01
歴史の長さを物語る家系図

reizen02
藤原定家図

reizen03
国宝 拾遺愚草(しゅういぐそう)
多くの人がこれを何度も読んだようで手跡などが残っているようです。

reizen04
古今和歌集 醍醐天皇の勅命によってつくられた最初の和歌集
現存するものが2点。そのうちのひとつが藤原定家が書写したもののようです。

reizen05
貴重な書物がづらり。

reizen06
三代集 蒔絵小函
豪華な漆器と小函の中に収められた「古今」・「後撰」・「拾遺」。

reizen07
明月記
定家の日記。この頃は源平騒乱の中でも争いより文化を重視する思いがあったようです。

reizen08
星に願いを・・・
7/7に芸がうまくなることを祈る儀式。蹴鞠や雅楽とすすみ夜になり和歌を詠い最後に流れの座で男女が恋のうたを送りあう。ロマンチックな夜だったんでしょうね。

reizen09
美しく装飾された平安装飾本
様々な色紙や金・銀の装飾。そしてそれに加わる筆跡のハーモニーを楽しむ美術品たったようです。

reizen10
冷泉家の四季折々のイベントの様子
雛人形など馴染み深いものから不思議なものまでパネルで紹介。

reizen12
後陽成天皇宸かん
天皇直筆。この時代は豊臣秀吉の天下統一や徳川家康の幕府開幕と激動の時代。宮中では文化のみ奨励されており、芸術がさかんになったそうです。
歴史と重ねるとこの書物の貴重さが伝わってくるようです。
そのほかにもたくさんの天皇の書がありました。

長い歴史的背景を想いながらみるこの展覧会は見る者を一気にみやびの世界へと導くことでしょう。忙しく動く現代人には是非足を運んでもらいたいと思いました。

冷泉家 王朝の和歌守展特集はコチラ

【会場】東京都美術館
【会期】2009年10月24日(土)~12月20日(日)
【時間】9:00~17:00(入館は閉館の30分前)
【観覧料】一般:1400円、大学生:1200円、高校生:650円、65歳以上700円
【問い合わせ】03-5777-8600

Related posts:

  1. 明日から開催。誕生!中国文明展 報道内覧会 今日は、7/6(火)~9/5(日)まで開催される誕生!中国文明展の報道内覧会のほうへ行ってきました。この展覧会は、多くの王朝が興亡した河南省から出土された中国文明のルーツから、どのように発展したかを紹介する特別展 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

No related posts.

Related posts brought to you by Yet Another Related Posts Plugin.

Home > プレス発表会 | 上野公園 | 特派員 > 冷泉家 報道内覧会 東京都美術館

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2020.09
日月火水木金土
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020.10
日月火水木金土
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

施設別情報

Search
Feeds
Meta