Home > プレス発表会 | 上野公園 | 特派員 > 企画展「あしたのごはんのために」内覧会行ってきました!

企画展「あしたのごはんのために」内覧会行ってきました!

国立博物館で、明日9月18日から開催される
企画展「あしたのごはんのために」の報道内覧会に行ってきました!

最近、耳にする機会が多くなった「生物多様性」。
今回は「ごはん」を通して「遺伝的多様性」を知る企画展です。

 

 

日本にイネを持ってきたのは、誰だろう?

身近で親しみやすい題材なので、
ほ~、へ~、と楽しく「ごはん」が学べるよ!

 

本物の地層です。ペロッと表面をはがしてきたそうです。(笑)

 

本物のイネもありました。

一坪(約3.3平方m、畳約2畳)からとれるお米の量って知ってる?
お茶碗一杯150gとして、12杯分なんだって。
さて、あなたは多いと思った?少ないと思った?

100年前のお米もありましたよ!

博物館では、虫の発生の危険性があるので、通常はイネなどは展示できないのですが、
これは特別な加工をしているそうです。プラスチック加工とかって話されていました。

 

ここの展示されていた「雑草のくらし-あき地の五年間」という絵本。
とてもおもしろそうだったので、ちら見してみてくださいね。
ビス子、もしかしたら、買ってしまうかも。

 

以前は、田んぼの中にあたりまえのように住んでた生物たち。

確かにそうだったな~っと、懐かしい風景を思い出しました。

 

江戸時代の日本の食卓。(我が家より豪華かも‥)
ラオスの食卓や、西南アジアの食卓もあります。(どちらも美味しそうでした)

 

この黒いパネルが、この企画展の一番のポイントではないでしょうか。

昔の日本には、この黒いパネル一面のお米の品種がありました。
現在では、真中にある赤い枠の数しか残っていません。

とても狭い範囲の中で、お米の品種改良は行われ、
お米の遺伝的多様性がどんどん失われていっているのです。

 

遺伝的多様性を失うとどうなるか?のパネル。
じっくり見てみよう!

なんとなく難しく感じる「生物多様性」。
ビス子なりのとっても単純解釈ですが、

生物多様性
いろんな種類の生物が生きているっていうこと。人間・動物・植物も。

遺伝的多様性
一種類の生物、例えばお米。この中にもたくさんの種類があるということ。
人間にもたくさんの民族・人種がある。

パネルを見ながら、遺伝的多様性が失われるとどうなるのか考えてみよう!

こっちにも書いてます!絶滅危惧植物の多様性地形図

 

遺伝的多様性を回復するために、さまざまな取り組みも行われています。

「現代のしのぎの技」をチェックしてね!!!
 

* * * * * * * * * *

「あしたのごはんのために」の招待券プレゼントの応募受付中です!

詳しくは、あしたのごはんのために特集を見てね!

* * * * * * * * * *

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

No related posts.

Related posts brought to you by Yet Another Related Posts Plugin.

Home > プレス発表会 | 上野公園 | 特派員 > 企画展「あしたのごはんのために」内覧会行ってきました!

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2019.10
日月火水木金土
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019.11
日月火水木金土
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

施設別情報

国立西洋美術館

Search
Feeds
Meta