Home > プレス発表会

プレス発表会 Archive

メトロポリタン美術館 古代エジプト展「女王と女神」を観てきました!

だるだるになりそうな暑さが続く中、

メトロポリタン美術館が世界に誇るエジプト・コレクションついに来日!

7月19日から東京都美術館で開催中のメトロポリタン美術館 古代エジプト展「女王と女神」

先週行われた内覧会の様子をご案内いたします。

エジプト・コレクションの中でも、女性をテーマにした選りすぐりの約200点が展示されています。

特に注目されていたのは、ハトシェプスト女王と王妃ネフェルティティ。

権力を握り美しく力強く生きた女性、個性豊かな女神たちに出会える魅惑の展覧会です。



ハトシェプスト女王とは、古代エジプト史において数々の功績を残し、

国に繁栄と平和をもたらした女王です。

エジプトと言えばクレオパトラ!ぐらいの知識しかなかった私ですが、

ハトシェプスト女王の生き方には知れば知るほど惹かれていく魅力がありました。

(ハトシェプストは、クレオパトラよりも昔に活躍された女王です。)


また、ハトホルやセクメト、イシスなど、

人々から篤い信仰を集めた女神たちの像やレリーフ、壺などもあります。

それぞれの女神たちの特長や役割なども知ることが出来ます。


そしてこちらが、メトロポリタン美術館エジプト・コレクションを代表する棺。

アメン・ラー神の歌い手ヘネトタウィの人型内棺とミイラ板。

隙間なく細かく綺麗な模様が描かれていました。とっても綺麗で圧倒されました。



その他には、カノポス容器やコホル入れ、お守りや魔除けグッズなどもありますよ~。

こちらは、シトラムという宗教的な楽器です。

この展示物の前に立つと、音が聞こえてきますので、是非耳をすませてみてくださいね。


王族の装身具や化粧道具もありますので、かなりの見応えありですよ!


私が一番じっくり見たのは、ハトシェプスト女王葬祭殿の模型です。

もうホントにすっごいです。(≧∀≦)

写真右中央が入口です。

ちょっとしゃがんで入口から葬祭殿全体を見ると迫力増しますよ~(笑)

人(像)いっぱい装飾なれてます。天井部分からもじーっくり観察しました。


夏休みの課題研究の題材にもぴったりな展覧会です。

じっくり丹念に細かく見られたい方は2時間びっちり必要です。

事前に古代エジプトの年表などを調べて行かれると、さらに興味深く観られると思います。

お出かけには、日傘や帽子をお忘れなくです。

メトロポリタン美術館 古代エジプト展「女王と女神」の詳細は、こちらです。


特設ショップのストラップがおしゃれでした。



No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

この夏行こう!「太古の哺乳類展」国立科学博物館(上野公園)

夜のうちに台風も通過して、今日は、もう溶けそうな暑さでしたね。

まだ少し頭がボーっとしてます(^^;)

明日から国立科学博物館で始まる

「太古の哺乳類展 ―日本の化石でたどる進化と絶滅―」

に行ってきました! この展覧会とにかく迫力満点でした!


恐竜展はよくありますが、哺乳類展はちょっとめずらしいですよね。

小動物の化石から、ナウマンゾウ、アフリカゾウの骨格まで!

身近に感じられるから興味もパワーアップ!



動物園のゾウを見ても大きいな~っと思いますが、

こちらはさらに距離がなく目の前で見られるので、大きさもかなりリアルです。


パレオパラドキシアの3ポーズ。歩く・泳ぐ・食べる。

骨格の仕組みや動きの違いをじっくり観察してみてくださいね。


ナウマンゾウの家族!

360度ぐるりと観察できるので、しっぽもお見逃しなく!


写真では伝わらない、

見上げるほどのこの迫力はぜひ会場で楽しんでくださーい。


シカやサイもいますよ。

サイの角は、実は骨ではないらしい(笑)


こちらはゾウの歯。ゾウの歯は水平交換というベルトコンベアのような不思議な仕組みなんですよ(^∀^)


特設ショップでは、いろいろな動物アイテムが並んでいました。

ぬいぐるみ、かわいいですよ~♪


こちらのコーナーの絵本は、いろんなトリックありでかなりオススメです。


この夏は、大人から子供まで、ゾウの楽園で迫力を楽しもう!

ゾウの歯の仕組みは、夏休みの課題にも使えそうですよ。

「太古の哺乳類展」の詳細は、こちらです。

招待券プレゼントもあります(≧∀≦)

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

180分待ちの「台北 國立故宮博物院」内覧会での詳細情報!!

昨日の探険隊ブログに待ち時間180分と書かれていた

東京国立博物館(東京 上野)で開催中の「台北 國立故宮博物院」。

初日からかなりの大人気となっておりますが、

どれぐらいスゴイのか、内覧会の詳細をピックアーップ!


今回一番の注目作品は、

奇跡の出品と言われている門外不出の「翠玉白菜」!

この作品だけは、本館特別5室に特別展示されていました。

翠玉白菜をくるりと一周観ることができます。

葉にとまっているキリギリスの後ろ足には小さなトゲもあります。

あまりゆっくり観ることはできないかもしれませんが、

じっくりじーっくり観察してください。

こちらは、7月7日までの限定公開ですのでお早めに!!!


内覧会当日の会場内は、たくさんのテレビクルーの方が撮影していました。

海外からのレポーターさんもいましたよ。(^◇^)


さすが中国皇帝コレクション!

とためいきがもれるような絢爛な作品も多数ありました。

こちら、なんと現代でいうまごの手です。

恐れ多くて背中ぽりぽりできないです‥

繊細な装飾の帽子置き、花瓶、壺、文房具など、

目がキョロキョロしちゃいました。


長年の歳月を経ても、色あせることのない漆器や青磁、コバルト陶磁器。


見事な筆致の書画や掛け軸、巻物、水墨画なども多数展示。


こちらの「刺繍仙人図軸」は素晴らしかったです。

こんな感じで全部刺繍で描かれています。

細かく繊細な刺繍技術に目を奪われま-す。


そして、伝説の初期山水画。

故宮コレクションの中でもとりわけ貴重な作品です。



個人的にお気に入りの作品は、「皇帝の玩具箱」ともよばれているこちら。

「紫檀多宝格方匣」様々なミニチュアが収められています(≧◇≦)


こちらの一見ジェンガのような物体。

これが何かは会場でご覧くださいませ。


特設ショップには、白菜グッズがい~っぱいありました。

こちらもかなり気になりました(笑)


これらはほんの一部です。

第一会場と第二会場に分かれ186件の見事な作品が展示されています。

サササーっと観ても一時間はかかります。

お時間に余裕をもって、歩きやすい履物でお出かけくださいませ。

展覧会詳細及び招待券プレゼントはこちらです。

みなさまのご応募お待ちしてまーす。


No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

企画展「石の世界と宮沢賢治」

4月19日から、国立科学博物館で開催されている

企画展「石の世界と宮沢賢治」の内覧会の様子をご案内します。

会期:4月19日(土)~6月15日(日)

場所:国立科学博物館(東京 上野公園)

開館時間:午前9時~午後5時


宮沢賢治の文学作品には、岩石や鉱物の名前が数多く登場しています。

作家として有名な宮沢賢治ですが、実は地質学者でもあります。


この企画展では、

宮沢賢治の作品と一緒に石の世界をのぞくことができます。


普段見ることのない「鉱物界教科書」や、


健治が、盛丘高等農林学校で使用していた道具などもあります。


様々な鉱物は宝石も並んでいます。珍しい石や、宝石の原石も。


宮沢賢治の文学作品とそこに出てくる鉱物とが一緒に陳列されています。


読んだことのある本だと、ワクワクしちゃうと思いますよ(≧∀≦)



連休のお出かけにもおすすめです!

ぜひ、文学と石の世界を楽しんできてください。

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

明日から開催「バルテュス展」に行ってきました!

昨日までは暖かさが一変、今日はコート必須の肌寒い上野公園です。

<明日2014年4月19日(土)から、東京都美術館(上野公園)で開催される

バルテュス展のプレス内覧会に行ってきました!


20世紀最後の巨匠と称賛されるバルテュスは、1908年にパリで生まれ、

画家ピエール・ボナールやモンマルトルの画家たちと交流のある芸術的環境の中で育ちます。

序章は、背景画や挿絵など・・。


独創的なタッチ、少し不気味さを感じながらも見入ってしまいます。


大人の女性よりも少女を題材ことが多いのは、少女の純粋さに惹かれていたとか。


バルテュスの作品は、魅力的な少女に目を奪われがちですが、独特な構図でも有名です。

巧みに施される陰影とハイライトの素晴らしさもお楽しみくださいませ。


再現されたバルテュスのアトリエ!!!


虹がお魚に変身していく、こんなかわいい作品も。


幼い頃から日本に関心を持っていたバルテュス。奥様も日本の方です。

日本とは親交があり、勝新太郎さんに贈ったリトグラフや、

里見浩太郎さんから贈られた浴衣なども展示されていました。


どちらかというと大人向けの展覧会かと思われます。

バルテュスの世界、ぜひご堪能くださいませ。

展覧会詳細及び招待券プレゼントは、来週アップいたしますので、

お楽しみにお待ちくださいませ。

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

特別展「医は仁術」の内覧会に行ってきました。

まだまだ寒さが残るお天気の中、

明日2014年3月15日(土)から国立科学博物館(上野)で開催される

特別展「医は仁術」のプレス内覧会に行ってきました!

医療関係の方、めざす方は必見!


会場に入るとすぐ、

大沢たかおさんがナビゲーターのタイムスリップシアターがあります。

TVドラマ「仁」の主題歌が流れ、いきなり盛り上がりますよ~(^◇^)


会場内には、膨大な医療に関する資料がところ狭しと並べられていました。

たくさんの書物や資料、模型。

江戸を生きた医師達が、病に苦しむ人々を救いたいと

必死に努力されてきた様子がひしひしと伝わってきました。


解剖資料などは、ちょっとビックリするものが多いので、

お子様とお出かけの方は、十分に配慮されながらの観覧してくださいね。


こちら飛び出す絵本タイプの人体解剖図です。 スバラシイ!!!

人体図がめくれるようになっていて、たぶんその下は、筋肉・骨などになると思われます。

(児童書の飛び出す絵本も元はこれだったとしたら・・・。)



また、様々な医療用具・器具もあります。

時代劇のお医者さんが持ってるような薬箱も種類豊富です。


こちらは薬屋さんの看板!

(鬼にボール投げて倒したくなってもダメです)


数々の人体解剖模型もありますよ~。かなりたくさんあります。

こちらは、解体人形。


胎児模型。産婆さん教育のために作られたそうです。お産人形もありました。


医療器具もすごいですよ~。

よくこんなに保存されていたんだと思われるくらいの展示物が並んでいました。

かなり見応えのある特別展です。

医療に関係ない方も、一人の人間として江戸の医師の努力を見ていただきたいです。


医学生必見!(笑)かなりバッチリ!!


3Dプリンターで作られた、心臓・肺・脳が!!!

触れるコーナーもありますので、是非タッチしてみてくださいね。


こちらの顕微鏡をのぞくと~~、なんと!ヒトiPS細胞の実物が見れます!!

実際に触って動かせる内視鏡もありますので、触ってみましょ~う。


最後にある 鉄拳さんの「パラパラ漫画シアター」は、

涙無しでは見られません。ハンカチのご準備をしてご鑑賞くださいませ。


特設ショップには・・・

いろいろな人体模型あります(笑)


展覧会詳細及び招待券プレゼントは、明日アップいたしますので、

お楽しみにお待ちくださいませ。

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

京都では見られない京都 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美-」

今日から東京国立博物館にて、特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美-」が開催されます。

2013年10月8日(火)~12月1日(日)

東京国立博物館 平成館

 

というわけで、昨日行われた報道内覧会に行ってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

戦国時代末期から江戸時代初期の京都を描いた、国宝・重要文化財などの作品とともに、

先進の技術を駆使した映像での再現なども試みられています。

RIMG0112

例えば入って一番最初に目に入るのは、

こちらのスクリーンに映し出された「洛中洛外図屏風 舟木本」の映像コーナー。

実物以上に鮮明で大きな映像で、画質も素晴らしいです。

 

RIMG0115

そしてもちろん実際の作品も間近で目にすることができます。

また、入り口で配られる音声ガイドも、非常にわかりやすい解説なので、

ご来場されたときは是非それを聞きながら展示を見ることをお勧めします。

 

RIMG0119

こちらは歴史の教科書などにもほぼ必ず載っている「唐獅子屏風図」などでも有名な狩野永徳の作です。

織田信長や豊臣秀吉に仕えたとされる絵師です。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは上杉本とあるように、紆余曲折合ったのち織田信長から上杉謙信に送られたものだそうです。

また音声ガイドでも言っていましたが、一説によりますと、

上写真の左に大きくある足利御所に向かう中央の籠に乗っているのが上杉謙信だという説もあるのだとか。

 

図屏風は2枚一組で、一枚の中で当時の京都の変遷や様子をかなり細かく記しているので、

美術的価値だけでなく歴史的価値も高い貴重な資料とも言えますね。

 

京都の全容を描いた図屏風の次は、京都御所内のコーナーに移っていきます。

RIMG0129

御所の中でも即位式などを行う非常に重要な紫宸殿内にかつてはあったとされる賢聖障子絵です。

中国古代の賢人たち32人が並んだ障子絵になります。(こちらは開催期間の前期と後期で半分ずつ入れ替わるようですね)

RIMG0133

中央の水色の頭巾をかぶっているのが、三国志でも有名な諸葛亮(諸葛孔明)なんだそうです。

その一つか二つ隣には劉邦の軍師であった張良の絵もありました。(司馬遼太郎の本にもある項羽と劉邦の劉邦ですね)

 

京都御所内のコーナーが終わると、一度展示コーナーから出て、ミュージアムショップの前を通ります。

そして龍安寺のコーナーです。

RIMG0151

まずは有名な龍安寺の枯山水の石庭の四季を映した映像コーナー。

本当に庭園を縁側から眺めているかのような迫力ある映像です。

 

RIMG0160

かつては龍安寺内にあったとされる襖絵です。

こちらは火事で焼けたことで別の場所に寄贈されたり、

明治期の廃仏毀釈から逃れてアメリカにわたってしまったものなどが初めて一堂に戻ってきたのだそうです。

京都では見られない京都、というのはこういう意味もさしているのですね。

 

そして最後に、二条城二の丸御殿を再現したようなコーナーです。

RIMG0179

狩野探幽筆の松鷹図です。

※雲龍図などで知られる、狩野派の代表的な絵師の一人で、先ほどちらりとふれた狩野永徳の孫にあたります。

徳川家とかかわりの深かった狩野派の手による作品が多数あり、そういった意味でも見どころがありました。

 

今回の展示はガラス越しとはいえ、歴史的・美術的ともに価値の高い作品をかなり間近で見ることのできる機会だと思います。

近世頃の作品、狩野派の作品などご興味ある方には特におすすめできるかと思います。

 

また東京国立博物館さんでは同時期に「上海博物館 中国絵画の至宝」展も開催されていますので、

そちらと合わせて足を運ぶのもいいですね。

 

以上Sayukiでした。

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

見応えたっぷり!ターナー展内覧会情報!

英国最高の巨匠、待望の大回顧展「ターナー展」に行ってきました!

東京都美術館(東京・上野公園)で、

2013年10月8日(火)~12月18日(水)まで開催されます。



19世紀に活躍し、今なお英国最高の画家と讃えられる

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの栄光の画業をたどる回顧展です。



1775年に生まれたターナーは、

10代で英国各地の風景や名所旧跡を描く地誌的水彩画かとして出発しました。



そして、26歳で早くも英国美術の最高権威であった

ロイヤル・アカデミーの正会員に選ばれるなど、若くして成功をつかみました。



生涯にわたって風景表現の可能性を探求し続け、

「崇高」な自然を描き出そうとした作品や、

光と色彩にあふれる幻想的で詩情にみちた作風から、

ロマン主義を代表する画家の一人と称されています。



1851年に76歳で逝去したターナーは、遺言により、

2万点以上の作品を国家に寄贈しました。

それらの作品は、現在では一部を除き、すべてロンドンのテート美術館にある

ターナー専用の展示棟「クロア・ギャラリー」に収蔵されています。



この展覧会では、テート美術館が誇る世界最大のターナー作品コレクションから、

約30点の油彩画に加え、水彩画やスケッチブックなど計110点を展示。



作品のボリュームもさることながら、

ターナーの年齢とともに変化していく作風を間近で鑑賞できるチャンスです!

1時間半~2時間は予定しておでかけくださいね。



グッズショップチラ見情報(^◇^)


こちらは。小さめのマグネットセット 1000円。


おすすめは、壁掛けタイル 1700円。(鍋敷きにいいかも・・)


ターナー美術館展の詳細はこちらをご覧ください。

招待券プレゼントのご応募は、2013年10月30日(水)まで。

みなさまのご応募お待ちしております。



No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ルーヴル美術館展は見応えあり!

炎天下でお出かけされるときは、熱中症に気をつけてくださいね。

上野公園は日陰が無いとこもありますので、帽子や日傘をお忘れなくです。

本日は「ルーヴル美術館展」に行ってきました。

東京都美術館(東京・上野公園)で、

2013年7月20日(土)~ 9月23日(月祝)まで開催されます。


地中海四千年のものがたりに触れることが出来るこの展覧会は、

この夏の超話題になりそうです~!

まずは、大きな地図で地中海の位置関係を確認!(^^;)


淡い水色で水に漂っているような展示風景が素敵です。


壺や水差し、食器、飾り像、装飾品、化粧小物などから

像、彫刻、壁画など様々ものが展示され、

地中海を巡っての歴史に触れることができます。

テキスト説明を読みながら見れることをオススメします。時間かかります‥。


ローマ、ギリシャ、十字軍、皇帝、クレオパトラ、オスマン帝国などの

キーワードに惹かれる方は必見の展覧会と思います。

歴代の皇帝像もありますよ~。

とっても大きな顔が・・・。壁の装飾だったそうです。


絵画もたくさんありました。

コロッセオやサン・ピエトロ大聖堂が描かれてる絵があるのですが、

現代と異なるその周りの風景が古代をフツフツと想像させてくれます。


かの有名なクレオパトラにも会えますよ~。

クレオパトラの謎にも少し触れてみてくださいね。


200点を超えるという展示数は、かなりのボリュームがあります。

見応え・読み応えのある展覧会ですので、

2時間くらいは余裕持っておでかけくださいね。

読むの苦手な方は、音声ガイドオススメしまーす。


ルーヴル美術館展の詳細はこちらをご覧ください

招待券プレゼントのご応募は、2013年7月30日(火)まで

みなさまのご応募お待ちしております。


特設ショップでは、定番のアイテムから装飾品・置き物などありました。

青色がキレイ!

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

この夏必見!国立科学博物館「深海」展

今日の東京も蒸し暑いですね。

生暖かい風が海風のようにベタっとまとわりつく感じですが、

そんなうっとうしさを吹き飛ばしてくれる

この夏必見の展示会となるであろう「深海」を観てきました!

国立科学博物館(東京・上野公園)で、

2013年7月6日(土)~ 10月6日(日) まで開催されます。


宇宙と同じくらい、深海にも人類はなかなか踏み込むことは出来ず、

まだまだ様々な謎に包まれています。

太陽の光は届くの?海流は?温度は?圧力は?

海の水の重さで金属バットもペシャンコになります。


まずはパネルをじっくり見て、深海の基本情報をゲットしたら、

青い世界に突入でーす!


ジャーーーン!!!

有人潜水調査船「しんかい6500」の迫力に思わずボーゼン。

ホントかっこいいんですよ。

360度全ての角度から、じっくり見つめてくださいね。


支援母船「よこすか」の模型もまたまたかっこいいんです。

模型は他にもありますので、船舶マニアの方も必見ですよ!


これイカシテました。映画の世界でしか見られないようなものや、


多分一生触れないであろうハッチまで。おおーっと小声叫ぶの連発。(笑)

こちらは「しんかい2000」の本物のハッチ。触ることもできますよ!



さらにその奥に広がるディープブルーの世界には、

深海に生きる生物がズラリズラリズラリと並んでいらっしゃいました。

ちょっとね、キモコワ系の生物も多いのですが、綺麗な貝もありましたよ。

深海の生物は、どんな生活をしているの? 何を食べているの?

どうして水圧にたえられるの? 見えるの?

たくさんの謎の答えを探してくださいね。

お子様たちの夏休みの課題にも重宝しそうでございます。



そしてもう一つの目玉となっている頭上で泳ぐ「ダイオウイカ」

ドーーーン!!!

これはかわいいんだけど・・・

実物は・・・宇宙人でした。

サイズは超大きかったので、怖がらずに隅々までしっかり観察してくださいね。


そびえる巨大クジラや、

探索の様子が見られる深海シアターなど、

感動シーン盛りだくさんの特別展ですよ~。

子供の夢がまた一つ膨らみそうです。さすがカハク!

夏休み是非お出かけくださいませ。


ショップにも深海グッズがいっぱいでした!!!

深海ガチャガチャもありましたよ。

イチオシはこちらのダイオウイカのぬいぐるみ(?)でしょうか?

実物の特大サイズ6メートルです。に、にじゅうまんなり。


深海展の詳細はこちらをご覧ください。

招待券プレゼントのご応募は、2013年8月5日(月)まで。

みなさまのご応募お待ちしております。



No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
Page 1 of 712345»...Last »

ホーム > プレス発表会

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2017.04
日月火水木金土
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017.05
日月火水木金土
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

施設別情報

国立西洋美術館

Search
Feeds
Meta