Home > 上野公園

上野公園 Archive

東京都美術館にて7/20(木)より『ボストン美術館の至宝展』が始まりました。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

ようやく梅雨が明けて夏本番になりました。

上野周辺では『うえの夏まつり』が開催中。
中でも今週末の7/22(土)にはパレードが開催され、
今年のパレードは映画「銀魂」とのコラボイベントとして、エリザベスがパレードに登場。
特製のうちわや撮影会も開催されます。

他にも様々なイベントで上野は盛り上がりますよ。

 

噴水前広場では7月22日(土曜日)
~7月23日(日曜日)まで『KOMOGOMO展』が開催されます。
芸術・文化とふれあえるイベントです。

 

さて、本日ピックアップするのは東京都美術館にて7/20(木)より開催される特別展『ボストン美術館の至宝展』です。
世界有数の規模を誇るボストン美術館からモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までの選りすぐりの80点が来日。
みどころは表具をいれると高さは約4.8mにもなる巨大涅槃図が、1年に及ぶ本格的な解体修理を経て初里帰りします。

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


東京都美術館


ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までを選りすぐりの80点で紹介します。

会期 2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
休室日 月曜日、9月19日(火)
※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第69回 毎日書道展

会期 平成29年7月19日(水)~7月25日(火)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第1展示室
1階 第2展示室
1階 第3展示室
1階 第4展示室
2階 第1展示室
2階 第2展示室
2階 第3展示室
2階 第4展示室
展示内容
観覧料 一般700円、大学生400円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料
※「ボストン美術館の至宝展」、「杉戸洋」展チケット持参の方は200円引き


第34回 産経国際書展

会期 平成29年7月27日(木)~8月3日(木)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第1展示室
1階 第2展示室
1階 第3展示室
1階 第4展示室
展示内容
観覧料 一般500円
学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第52回 官公書展

会期 平成29年7月27日(木)~8月3日(木)
展示室 2階 第1展示室
2階 第2展示室
展示内容
観覧料 無料


2017 産経ジュニア書道コンクール

会期 前期:平成29年7月27日(木)~7月30日(日)
後期:平成29年8月1日(火)~8月3日(木)
展示室 2階 第4展示室
展示内容
観覧料 無料


★イベント情報★


建築ツアー

東京都美術館の建物そのものを楽しんでいただくツアーです。
【日時】2017年7月22日(土) 14:00~14:45頃
【集合場所】東京都美術館 ミュージアムショップ前

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


上野動物園

「セミとコウモリの観察会」参加者を募集します

身近な野生の生き物を観察して親しんでいただくため、毎年夏の時期に、閉園後の園内でセミとコウモリの観察会を開催しています。
園内の不忍池周辺は、野生のセミとコウモリの絶好の観察スポットです。セミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化する様子や、夕暮れから夜空を飛び始めるコウモリの様子をご覧いただけます。
日時 平成29年8月5日(土) 17時30分~20時40分
場所 西園 不忍池周辺
対象 小学生以上(中学生以下は保護者同伴)
定員 100名
内容 セミの幼虫が土の中から出てきて羽化する様子を観察したり、コウモリが出す超音波を特殊な機械で聞いたりします。

■応募方法(Eメール)
semi2017@tokyo-zoo.net宛に、件名を「セミとコウモリ観察会申込み」とし、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所、当日連絡のとれる携帯電話番号を明記のうえ、お申し込みください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。なお、自動返信などによる確認メールの送信はありません。


両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


国立科学博物館

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介します。

会期 2017年7月11日(火)~10月1日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600
小・中・高校生 600円
金曜日限定ペア得ナイト券 2,000円


★その他の展示★

企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』-最新の生物相調査の成果-」
【期間】2017年6月13日(火)~9月3日(日)


2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


7/22(土) 科学たんけん

2017 研究者によるディスカバリートーク
・深海魚の多様性
・鉱物、最近の話題

7/23(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・ユリとその仲間
・鉱物の話

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


★各種催し物情報★


トーハク BEER NIGHT!

【日程】 7月28日(金)~7月29日(土)
真夏の夜のトーハクで、プレミアムなビアガーデンが楽しめます。
開催中の特別展「タイ ~仏の国の輝き~」に関連し、タイ料理など屋台のほか、都内でも珍しい樽出しの「シンハービール」が出店。


トーハクキッズデー

【日程】 7月30日(日)
「小さな子ども連れだと博物館には行きづらいなぁ…」「子どもには博物館は難しくて…」という方へ、キッズデーだけの企画がもりだくさん。
ご家族で、小・中学生のお友達どうしで、1日たっぷり遊べます。


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

書だ! 石川九楊展
制作作品1,000点到達を記念し、石川九楊の青年期の実験的
作品から歎異抄、源氏物語書巻五十五帖等の日本古典文学、さらにはドス
トエフスキー、9・11、3・11をめぐる作品にいたる作品から最新の書に
いたるまで、その前人未踏の表現世界を一挙公開いたします。

会期 7月5日 (水) ~ 7月30日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般、大学、高校生 1200円、中学生以下無料


(C)The Ueno Royal Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


「東京藝術大学ゲーム学科(仮)」展

会期 2017年7月21日(金)- 7月30日(日)
午前10時 – 午後5時
(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…
  2. 東京藝術大学大学美術館にて『美しさの新機軸 -日本画 過去から未来へ』が12/4日~14日まで開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 12月に入り、いよいよ残りひと月になりました。 仕事やイベントなどであっという間に新年になるのでしょうね・・・。 本日の上野公園は寒さもやわらぎ、過ごしやすい天気でした。 紅葉も [...]…
  3. 上野動物園『子ども動物園すてっぷ』が7/11(火)にオープン。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 上野動物園に赤ちゃんパンダが誕生して1ヶ月がたち、先日の健康診断でも順調に成長しているという事です。 とりあえずひと安心ですね。 また、上野動物園の弁天門のリニューアルが完了し以前は出口 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野動物園『子ども動物園すてっぷ』が7/11(火)にオープン。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

上野動物園に赤ちゃんパンダが誕生して1ヶ月がたち、先日の健康診断でも順調に成長しているという事です。
とりあえずひと安心ですね。

また、上野動物園の弁天門のリニューアルが完了し以前は出口専門のゲートでしたが、入場券の販売や団体入園受付などの入園口としての機能を新たに備えて利便性がアップしました。
同時に子ども動物園も新たにリニューアルし、上野動物園がますます盛り上がる施設になりました。

早く赤ちゃんパンダの公開が来るといいですね・・・。

 


不忍池の池の蓮の花が咲き始めました。

 

噴水前広場では7月16日(日曜日)
~7月17日(月曜日)まで『Green Food Festa』が開催されます。
ヴィーガン・ベジタリアンの人、興味がある人をはじめ、ただ美味しい食べ物が好きな人、すべての方に楽しんでいただけるフェスです!

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


上野動物園

「セミとコウモリの観察会」参加者を募集します

身近な野生の生き物を観察して親しんでいただくため、毎年夏の時期に、閉園後の園内でセミとコウモリの観察会を開催しています。
園内の不忍池周辺は、野生のセミとコウモリの絶好の観察スポットです。セミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化する様子や、夕暮れから夜空を飛び始めるコウモリの様子をご覧いただけます。
日時 平成29年8月5日(土) 17時30分~20時40分
場所 西園 不忍池周辺
対象 小学生以上(中学生以下は保護者同伴)
定員 100名
内容 セミの幼虫が土の中から出てきて羽化する様子を観察したり、コウモリが出す超音波を特殊な機械で聞いたりします。

■応募方法(Eメール)
semi2017@tokyo-zoo.net宛に、件名を「セミとコウモリ観察会申込み」とし、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所、当日連絡のとれる携帯電話番号を明記のうえ、お申し込みください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。なお、自動返信などによる確認メールの送信はありません。


両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


国立科学博物館

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介します。

会期 2017年7月11日(火)~10月1日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600
小・中・高校生 600円
金曜日限定ペア得ナイト券 2,000円


第33回植物画コンクール入賞作品展

植物画コンクールの作品を部門別に展示します。

会期 2017年7月1日(土)~7月17日(月・祝)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般620円、 高校生以下・65歳以上無料


★その他の展示★

企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』-最新の生物相調査の成果-」
【期間】2017年6月13日(火)~9月3日(日)


2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


7/15(土) 天文ニュース解説

2017 研究者によるディスカバリートーク
・日本の鳥の起源と特徴
・技術がつくった?ヒトの時代

7/16(日) 研究員によるCTスキャン室トーク

2017 研究者によるディスカバリートーク
・ソロモン諸島の植物
・この夏、植物の化石を調べてみよう!

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


★各種催し物情報★


トーハクキッズデー
「小さな子ども連れだと博物館には行きづらいなぁ…」「子どもには博物館は難しくて…」という方へ、キッズデーだけの企画がもりだくさん。
ご家族で、小・中学生のお友達どうしで、1日たっぷり遊べます。


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

書だ! 石川九楊展
制作作品1,000点到達を記念し、石川九楊の青年期の実験的
作品から歎異抄、源氏物語書巻五十五帖等の日本古典文学、さらにはドス
トエフスキー、9・11、3・11をめぐる作品にいたる作品から最新の書に
いたるまで、その前人未踏の表現世界を一挙公開いたします。

会期 7月5日 (水) ~ 7月30日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般、大学、高校生 1200円、中学生以下無料


(C)The Ueno Royal Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京都美術館


ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までを選りすぐりの80点で紹介します。

会期 2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
休室日 月曜日、9月19日(火)
※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第69回 毎日書道展

会期 平成29年7月19日(水)~7月25日(火)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第1展示室
1階 第2展示室
1階 第3展示室
1階 第4展示室
2階 第1展示室
2階 第2展示室
2階 第3展示室
2階 第4展示室
展示内容
観覧料 一般700円、大学生400円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料
※「ボストン美術館の至宝展」、「杉戸洋」展チケット持参の方は200円引き


★イベント情報★


「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」記念講演会

本展担当学芸員をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します
【日時】2017年7月20日(木) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


「東京藝術大学ゲーム学科(仮)」展

会期 2017年7月21日(金)- 7月30日(日)
午前10時 – 午後5時
(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 上野動物園『真夏の夜の動物園』が8/9日(火)~8/16(火)迄開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 8月に入り、夏も本番になり上野公園はかなり暑かったです。 夏休み中の子供達の姿もたくさんみられ、暑さの中多くの人で賑わっていました。 さて、夏本番となり上野動物園では8月9日(火)~8月 [...]…
  2. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…
  3. 上野公園噴水前広場にて『Japan Traditional Culture Festa』が5/12(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は気温も上がり、初夏を思わせる暑さになりました。 車の屋台で売っているアイスを食べながら歩いている観光客の姿を見ると季節が進んできたなぁと感じながら上野公園を廻ってきました。 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立科学博物館にて『深海2017』展が7/11(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日の上野公園は日差しも強く、暑い日になりました。

この暑さの中、明日7月7日(金)~7月9日(日)まで『日本台湾祭り2017』が開催されます。
ステージでのパフォーマンスもあり、日本と台湾への思いを来場者の人が書き入れる寄せ書きパネル(大型掲示板)も登場。台湾の伝統文化の実演及び体験プログラム体験型、参加型の演出も盛り沢山です。

飲食出展者ブースも台湾の本物の味が登場し、日本にいながら台湾を楽しめるイベントになっています。

 

 

さて、本日ピックアップするのは7月11日(火)より国立科学博物館で開催される『深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~』です。
2013年の夏に開催した『深海』ではダイオウイカの映像と標本展示が話題になり、60万人もの人が訪れました。

今回は、「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて最新映像と共に実物の紹介の他、
「深海と巨大地震」、「深海と資源」なども映像やCGを駆使して紹介します。

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立科学博物館

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介します。

会期 2017年7月11日(火)~10月1日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600
小・中・高校生 600円
金曜日限定ペア得ナイト券 2,000円


第33回植物画コンクール入賞作品展

植物画コンクールの作品を部門別に展示します。

会期 2017年7月1日(土)~7月17日(月・祝)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般620円、 高校生以下・65歳以上無料


★その他の展示★

企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』-最新の生物相調査の成果-」
【期間】2017年6月13日(火)~9月3日(日)


2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


7/8(土)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・きのこって絶滅するの?
・日本近海からいなくなった海棲哺乳類

7/9(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・深海魚の寄生虫
・古代DNAからみる日本人

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


★各種催し物情報★


トーハクキッズデー
「小さな子ども連れだと博物館には行きづらいなぁ…」「子どもには博物館は難しくて…」という方へ、キッズデーだけの企画がもりだくさん。
ご家族で、小・中学生のお友達どうしで、1日たっぷり遊べます。


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

書だ! 石川九楊展
制作作品1,000点到達を記念し、石川九楊の青年期の実験的
作品から歎異抄、源氏物語書巻五十五帖等の日本古典文学、さらにはドス
トエフスキー、9・11、3・11をめぐる作品にいたる作品から最新の書に
いたるまで、その前人未踏の表現世界を一挙公開いたします。

会期 7月5日 (水) ~ 7月30日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般、大学、高校生 1200円、中学生以下無料


(C)The Ueno Royal Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京都美術館


ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までを選りすぐりの80点で紹介します。

会期 2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
休室日 月曜日、9月19日(火)
※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第52回 公募 瑞雲展

会期 平成29年7月2日(日)~7月8日(土)
展示室 ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
展示内容
観覧料 無料


平成29年度 公募 近美関東美術展

会期 平成29年7月1日(土)~7月8日(土)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、和紙画、水墨画
観覧料 無料


第42回 悠美会国際美術展

会期 平成29年7月1日(土)~7月8日(土)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 こぎん刺し、写真、工芸、油彩画、日本画、アクリル画
観覧料 無料


第64回 全日肖展

会期 平成29年7月2日(日)~7月8日(土)
展示室 2階 第1展示室
展示内容 油彩画、パステル画、アクリル画、コンテ画、水彩画、日本画
観覧料 一般・大学生500円(300円)※ ( )内は団体料金(10名以上)
高校生以下・75歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


★イベント情報★


「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」記念講演会

本展担当学芸員をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します
【日時】2017年7月20日(木) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園

「セミとコウモリの観察会」参加者を募集します

身近な野生の生き物を観察して親しんでいただくため、毎年夏の時期に、閉園後の園内でセミとコウモリの観察会を開催しています。
園内の不忍池周辺は、野生のセミとコウモリの絶好の観察スポットです。セミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化する様子や、夕暮れから夜空を飛び始めるコウモリの様子をご覧いただけます。
日時 平成29年8月5日(土) 17時30分~20時40分
場所 西園 不忍池周辺
対象 小学生以上(中学生以下は保護者同伴)
定員 100名
内容 セミの幼虫が土の中から出てきて羽化する様子を観察したり、コウモリが出す超音波を特殊な機械で聞いたりします。

■応募方法(Eメール)
semi2017@tokyo-zoo.net宛に、件名を「セミとコウモリ観察会申込み」とし、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所、当日連絡のとれる携帯電話番号を明記のうえ、お申し込みください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。なお、自動返信などによる確認メールの送信はありません。


両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて『タイ ~仏の国の輝き~』展が7/4(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は蒸し暑く、歩いているだけで汗がじっとりと服につく天気でした。 そんな暑さの中噴水前広場では、『東京地酒と酒器うつわ祭り八丈島物産展in上野公園』が行われており、屋台ではおいしそう [...]…
  2. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…
  3. 上野の森美術館にて『絵本原画展 ― いもとようこの世界』が5/19(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 上野公園を散歩するにはとてもいい季節になりましたね。 公園には地方から来た中学生の修学旅行や園児がお母さん一緒に遠足していたりとアットホームな感じでほのぼのとした気分になりました。 不忍 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京国立博物館にて『タイ ~仏の国の輝き~』展が7/4(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日の上野公園は蒸し暑く、歩いているだけで汗がじっとりと服につく天気でした。
そんな暑さの中噴水前広場では、『東京地酒と酒器うつわ祭り八丈島物産展in上野公園』が行われており、屋台ではおいしそうな匂いが漂っていました。
この暑さだと日本酒というよりはビールな気分でしたが、出来立てのおつまみを片手に日本酒もいい気分になるのではないでしょうかね・・・。

 

 

さて、本日ピックアップするのは7月4日(火)より東京国立博物館で開催される日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」です。
日タイ修好130周年を記念して開催される展覧会で、タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教国タイの歴史と文化をひもとく内容になっています。

 

東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


屏風と襖絵―安土桃山~江戸
尾形光琳筆「風神雷神図屏風」を公開し、激流や金雲による意匠美ゆたかな屏風をはじめ、安土桃山時代から江戸時代の屏風を展示します。

会期 2017年5月30日(火)~ 2017年7月2日(日)
会場 本館 7室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

片岡鶴太郎展 還暦紅
片岡鶴太郎の創作活動20年と還暦を記念した展覧会。

会期 6月14日 (水) ~ 7月2日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般 1000円、大学生 700円、高校生以下無料


大日方真 個展
旅先で出会った雄大な景色など近年の代表作25作品を展観。

会期 6月27日 (火) ~ 7月3日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場無料


(C)The Ueno Royal Museum.


国立科学博物館


害虫駆除のため6月26日(月) ~ 30日(金) の5日間休館

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~【予告】

「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介します。

会期 2017年7月11日(火)~10月1日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600
小・中・高校生 600円
金曜日限定ペア得ナイト券 2,000円


第33回植物画コンクール入賞作品展

植物画コンクールの作品を部門別に展示します。

会期 2017年7月1日(土)~7月17日(月・祝)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般620円、 高校生以下・65歳以上無料


★その他の展示★

企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』-最新の生物相調査の成果-」
【期間】2017年6月13日(火)~9月3日(日)


2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


7/1(土)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・1足す1は1、細胞内共生のはなし
・液状化のしくみ

7/2(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・トンボのおはなし
・アフリカ大陸を割るエジプトの火山

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


国立西洋美術館

アルチンボルド展

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時

2017年7月1日(土)14:00~15:30
水野千依(青山学院大学教授)
「アルチンボルドと北イタリアの美術」

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第6回 都美セレクション グループ展
従来の発想にとらわれない新しい表現を追及する現代作家のグループ展です。絵画、彫刻、映像、写真、インスタレーションとジャンルも多様な6グループの展覧会。

会期 2017年6月9日(金)~7月6日(木)
休室日 6月19日(月)~24日(土)、7月3日(月)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 無料


第52回 公募 瑞雲展

会期 平成29年7月2日(日)~7月8日(土)
展示室 ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
展示内容
観覧料 無料


平成29年度 公募 近美関東美術展

会期 平成29年7月1日(土)~7月8日(土)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、和紙画、水墨画
観覧料 無料


第42回 悠美会国際美術展

会期 平成29年7月1日(土)~7月8日(土)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 こぎん刺し、写真、工芸、油彩画、日本画、アクリル画
観覧料 無料


第64回 全日肖展

会期 平成29年7月2日(日)~7月8日(土)
展示室 2階 第1展示室
展示内容 油彩画、パステル画、アクリル画、コンテ画、水彩画、日本画
観覧料 一般・大学生500円(300円)※ ( )内は団体料金(10名以上)
高校生以下・75歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


★イベント情報★


「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」記念講演会

本展担当学芸員をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します
【日時】2017年7月20日(木) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


日本画第二研究室 素描展

会期 2017年6月23日(金) – 7月6日(木)
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園

「セミとコウモリの観察会」参加者を募集します

身近な野生の生き物を観察して親しんでいただくため、毎年夏の時期に、閉園後の園内でセミとコウモリの観察会を開催しています。
園内の不忍池周辺は、野生のセミとコウモリの絶好の観察スポットです。セミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化する様子や、夕暮れから夜空を飛び始めるコウモリの様子をご覧いただけます。
日時 平成29年8月5日(土) 17時30分~20時40分
場所 西園 不忍池周辺
対象 小学生以上(中学生以下は保護者同伴)
定員 100名
内容 セミの幼虫が土の中から出てきて羽化する様子を観察したり、コウモリが出す超音波を特殊な機械で聞いたりします。

■応募方法(Eメール)
semi2017@tokyo-zoo.net宛に、件名を「セミとコウモリ観察会申込み」とし、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所、当日連絡のとれる携帯電話番号を明記のうえ、お申し込みください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。なお、自動返信などによる確認メールの送信はありません。


サマースクール

学校の夏休み期間に合わせて、じっくり動物を観察しながら動物の体やくらしについて学ぶ体験型の教室「サマースクール」を開催します。
教室名
人数
学年 日程 内容
「子ども動物園探検コース」
各日20名
小学1・2年生
(半日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(半日コースを4回開催)
家畜や小動物のぬくもりを感じながら子ども動物園を探検します。みんなで協力してミッションをクリアすることで、動物について楽しく学べます。
・8:30~12:00
「みんなでつくるおもしろ動物図鑑コース」
各日20名
小学3・4年生
(1日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(1日コースを4回開催)
動物のからだを細かな部分に分けて観察し、カード式の図鑑をつくります。世界でただひとつ、自分だけの図鑑づくりを通して動物のおもしろさを発見できます。
・8:30~14:30
「動物園のお仕事発見コース」
各日15名
小学5・6年生
(1日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(1日コースを4回開催)
午前は清掃やエサの準備など飼育係の仕事を体験し、午後は体験を通して発見したことや、印象に残ったことをまとめて発表します。発表資料は上野動物園ホームページに掲載、もしくは園内に掲示します。
・8:30~14:30

【応募方法】往復はがきの往信面に希望教室名・希望日、住所・氏名(ふりがな)・学校名と学年・性別、当日連絡が取れる電話番号、アレルギーやぜん息などの症状(該当する方のみ)を記入し、返信面に住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。
〒110-8711 台東区上野公園9-83
上野動物園 教育普及課「サマースクール」係

【締め切り】平成29年6月30日(金)必着


両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて『博物館でお花見を』が3/14(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今日の上野公園はぽかぽか陽気となり、春を感じる暖かさでした。 公園内は花見の準備も整い、あとは桜が咲くのを待つだけの状態になっています。 そしてこの時期恒例のイベントでは東京国立博物館『 [...]…
  2. 国立科学博物館にて『深海2017』展が7/11(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は日差しも強く、暑い日になりました。 この暑さの中、明日7月7日(金)~7月9日(日)まで『日本台湾祭り2017』が開催されます。 ステージでのパフォーマンスもあり、日本と [...]…
  3. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立西洋美術館 アルチンボルド展が始まりました

東京・上野 美術館・博物館情報です。

昨日は全国的に荒れ模様でしたが、今日は快晴で汗ばむ陽気です。

 

DSC07605_R

竹の台広場(噴水前広場)では今日から「台湾フェスティバル2017」が開催されています。

DSC07603_R

屋台で饗される台湾の美味しいものを食べながらステージを見ることができます。すでにたくさんの人で賑わっていました。

 

DSC07597_R

本日の各施設イベント情報。

 

東京国立博物館

DSC07617_R

トーハクこと「東京国立博物館」。

DSC07616_R

次回の特別展待ちのため、今日はちょっと静かな雰囲気です。チケット売り場もまばら。

DSC07615_R

常設展示をゆっくり見るのであれば、今の時期が穴場かもしれませんね。

 

特別展予告 日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

会期:2017年7月4日(火)~8月27日(日)

会場:東京国立博物館 平成館

休館日:月曜日

時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

観覧料:一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)

中学生以下無料。( )内は前売り/20名以上の団体料金

 

国立科学博物館

DSC07618_R

「国立科学博物館」

DSC07602_R

大好評だった「大英自然史博物館展」が終わり、こちらも次回の「深海展」待ちといったところ。

 

特別展予告「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」

会期:2017年7月11日(火)~2017年10月1日(日)

会場:国立科学博物館

休館日:7月18日(火)、9月4日(月)・11日(月)・19日(火)

時間:午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)

※夏休み特別開館延長【8月13日(日)~20日(日)】
午前9時~午後6時(8月18日(金)、19日(土)は午後8時まで)

(入館は閉館の30分前まで)

観覧料:一般・大学生1,600円(1,400円)、小・中・高校生600円(500円)、金曜限定ペア得ナイト券2,000円

カッコ内は前売および各20名様以上の団体料金、未就学児は無料

 

国立西洋美術館

DSC07599_R

「アルチンボルド展」が始まったばかりの国立西洋美術館。

DSC07601_R

チケット売り場には行列ができていました。アルチンボルドって人気があるのですね。

DSC07600_R

「ル・コルビュジエの芸術空間」もやっています。

 

企画展示室「アルチンボルド展」

会期:2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)

開館時間:午前9時30分~午後5時30分、毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
(ただし6月23日、24日は午前9時30分~午後8時)

休館日:月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)

観覧料金:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円

 

常設展内「ル・コルビュジエの芸術空間―国立西洋美術館の図面からたどる思考の軌跡」

会期:2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)

開館時間:午前9時30分~午後5時30分、6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)

観覧料金:一般500円(400円)/大学生250円(200円)
*本展は常設展の観覧券、または「アルチンボルド展」(6月20日~9月24日)の観覧券でご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金。
*高校生以下および18歳未満、65歳以上は無料

 

上野の森美術館

DSC07619_R

上野の森美術館は鶴ちゃん展こと「片岡鶴太郎展」を開催中。

DSC07620_R

6月24日には片岡鶴太郎氏のサイン会が行われます。

 

「画業20周年記念 片岡鶴太郎展 還暦紅」

会期:2017年6月14日(水)~2017年7月2日(日)

入場料:一般 1000円、大学生 700円、高校生以下無料

時間:10:00 ~ 17:00(入場は閉館30分前まで)

 

東京都美術館

DSC07607_R

「バベルの塔」展の東京都美術館。

DSC07608_R

チケット売り場もこの通り。幅広い層に人気があるのがわかります。

DSC07611_R

いたるところに「会場内は混雑しています。」との告知が。

DSC07610_R

漫画家の大友克洋が描く「バベルの塔」のコーナーは中に入らなくても見られます。

 

「ブリューゲル バベルの塔展」

会期:2017年4月18日(火)~7月2日(日)

休室日:月曜日、5月1日は開室

時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで。金曜は20時まで)

観覧料:当日券 一般 1600円 、 大学・専門学校生 1300円、高校生 800円、65歳以上 1000円

(前売・団体券 一般 1400円 、 大学・専門学校生 1100円、高校生 600円、65歳以上 800円)

DSC07609_R

漫画家の大友克洋が描いた「バベルの塔」の内側。超絶技巧。

 

DSC07612_R

東京都美術館のほかの催しです。

 

その他

上野動物園

DSC07606_R

「シンシンと赤ちゃんパンダの公開時期は未定ですが、ジャイアントパンダは見られます」と書いてあります。

東京藝術大学大学美術館

DSC07614_R

「東京藝術大学大学美術館」では、7月11日から「藝「大」コレクション」が始まります。

Related posts:

  1. 国立西洋美術館「シャセリオー展」は来週火曜日からスタートです 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 東京・上野 美術館・博物館情報です。 午前中は時々雨模様の曇り空でしたが、午後になると雨も上がり過ごしやすい陽気になりました。   上野の公園まわりでは、梅の花が咲いて [...]…
  2. 国立西洋美術館『メッケネムとドイツ初期銅版画』が9/19日(月)で終了に。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 朝晩はだいぶ秋らしくなってきましたね。 今週末は3連休と来週は秋分の日、休みが多くレジャーの計画を立てている方も多いのではないでしょうか。 さて、美術館や博物館で開催している特別展も来週 [...]…
  3. 春休みは「大英自然史博物館展」へGO!上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 東京・上野 美術館・博物館情報です。 上野公園の桜は今が最高に見ごろ。お天気も良く、気温は20度を超えているようでした。 お花見と観光客でいっぱいだったので、美術館を回るだけでもちょっと大変でした [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野の森美術館『片岡鶴太郎展 還暦紅』が6/14(水)から始まりました。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

先日、パンダの赤ちゃんが誕生したというニュースがあり、商店街やデパートの壁には赤ちゃんおめでとうの垂れ幕が掲げられ、上野の街はお祝いムードに包まれています。

今度は無事に育ってくれればと願うばかりです。

 

 

さて、本日ピックアップするのは6月14日(水)より上野の森美術館で開催されている「片岡鶴太郎展 還暦紅」です。
片岡鶴太郎の創作活動20年と還暦を記念して2014年8月から各地で開催された
「画業20周年記念 片岡鶴太郎展 還暦紅」をもとに選りすぐりの作品を集めた展覧会になっています。
「鶴太郎ワールド」をお楽しみください。

「片岡鶴太郎 サイン会」も開催予定。
6月24日(土)11時~、14時~ ※各回100名様(お1人様1枚1冊分)

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


上野の森美術館

片岡鶴太郎展 還暦紅
片岡鶴太郎の創作活動20年と還暦を記念した展覧会。

会期 6月14日 (水) ~ 7月2日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般 1000円、大学生 700円、高校生以下無料


第9回 NAYUTA展
上野の森アートスクール講師・古山浩一先生クラスの教室受講生によるグループ展。

会期 6月15日 (木) ~ 6月19日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場無料


(C)The Ueno Royal Museum.


国立科学博物館

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~【予告】

「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」に焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介します。

深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~展のご招待チケットを5組10名様にプレゼントいたします。
詳細・招待券の応募はこちらより

会期 2017年7月11日(火)~10月1日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600
小・中・高校生 600円
金曜日限定ペア得ナイト券 2,000円


第33回植物画コンクール入賞作品展

植物画コンクールの作品を部門別に展示します。

会期 2017年7月1日(土)~7月17日(月・祝)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般620円、 高校生以下・65歳以上無料


★その他の展示★

企画展「まだまだ奥が深いぞ!『相模の海』-最新の生物相調査の成果-」
【期間】2017年6月13日(火)~9月3日(日)


2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


6/17(土) 2017 第844回天文学普及講演会

2017 研究者によるディスカバリートーク
・微細藻類の海外調査
・教科書に出てくる科学の歴史

6/18(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・海の哺乳類について
・日本列島を造る岩石

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」【予告】
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

『タイ ~仏の国の輝き~』展のご招待チケットを5組10名様にプレゼントいたします。
詳細・招待券の応募はこちらより

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

『親と子のギャラリー』展のご招待チケットを5組10名様にプレゼントいたします。
詳細・招待券の応募はこちらより

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


屏風と襖絵―安土桃山~江戸
尾形光琳筆「風神雷神図屏風」を公開し、激流や金雲による意匠美ゆたかな屏風をはじめ、安土桃山時代から江戸時代の屏風を展示します。

会期 2017年5月30日(火)~ 2017年7月2日(日)
会場 本館 7室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展【予告】

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時 2017年6月20日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
シルヴィア・フェリーノ=パグデン(本展監修者、美術史家、元ウィーン美術史美術館絵画部長)
「アルチンボルド―自然模倣と空想のはざま」

2017年7月1日(土)14:00~15:30
水野千依(青山学院大学教授)
「アルチンボルドと北イタリアの美術」

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第6回 都美セレクション グループ展
従来の発想にとらわれない新しい表現を追及する現代作家のグループ展です。絵画、彫刻、映像、写真、インスタレーションとジャンルも多様な6グループの展覧会。

会期 2017年6月9日(金)~7月6日(木)
休室日 6月19日(月)~24日(土)、7月3日(月)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 無料


2017 独立選抜書展

会期 平成29年6月15日(木)~6月21日(水)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
展示内容
観覧料 無料


第27回 一般社団法人 工芸美術 日工会展

会期 平成29年6月15日(木)~6月21日(水)
展示室 ロビー階 第4展示室
展示内容 工芸
観覧料 無料


第67回 板院展

会期 平成29年6月15日(木)~6月21日(水)
展示室 1階 第1展示室
1階 第2展示室
展示内容 版画
観覧料 一般800円、大学生・高校生600円
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料


第41回 風子会展

会期 平成29年6月14日(水)~6月21日(水)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画
観覧料 無料


★イベント情報★


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展
記念講演会

ボイマンス美術館のキュレーターをはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2017年6月17日(土) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館


Japan-China Textile Arts Exhibition -ひろがる布 つながる糸-

会期 2017年6月8日(木)- 6月18日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料
公式サイト http://textile-arts.geidai.ac.jp/



2074、夢の世界

会期 2017年6月17日(土)- 6月25日(日)
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料 無料
公式サイト http://www.rever2074.jp


東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園

サマースクール

学校の夏休み期間に合わせて、じっくり動物を観察しながら動物の体やくらしについて学ぶ体験型の教室「サマースクール」を開催します。
教室名
人数
学年 日程 内容
「子ども動物園探検コース」
各日20名
小学1・2年生
(半日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(半日コースを4回開催)
家畜や小動物のぬくもりを感じながら子ども動物園を探検します。みんなで協力してミッションをクリアすることで、動物について楽しく学べます。
・8:30~12:00
「みんなでつくるおもしろ動物図鑑コース」
各日20名
小学3・4年生
(1日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(1日コースを4回開催)
動物のからだを細かな部分に分けて観察し、カード式の図鑑をつくります。世界でただひとつ、自分だけの図鑑づくりを通して動物のおもしろさを発見できます。
・8:30~14:30
「動物園のお仕事発見コース」
各日15名
小学5・6年生
(1日コース)
7月21日(金)
7月22日(土)
7月25日(火)
7月26日(水)
(1日コースを4回開催)
午前は清掃やエサの準備など飼育係の仕事を体験し、午後は体験を通して発見したことや、印象に残ったことをまとめて発表します。発表資料は上野動物園ホームページに掲載、もしくは園内に掲示します。
・8:30~14:30

【応募方法】往復はがきの往信面に希望教室名・希望日、住所・氏名(ふりがな)・学校名と学年・性別、当日連絡が取れる電話番号、アレルギーやぜん息などの症状(該当する方のみ)を記入し、返信面に住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。
〒110-8711 台東区上野公園9-83
上野動物園 教育普及課「サマースクール」係

【締め切り】平成29年6月30日(金)必着


両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 上野の森美術館『ポール・スミス展』が8/23日(火)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 Rioオリンピックでは日本人選手の活躍が連日届いていますね。 これだけ活躍する姿を見ているとオリンピックのニュースが気になってきます。 現在上野公園ではオリンピックのイベント『東京202 [...]…
  2. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…
  3. 東京藝術大学『第65回 東京藝術大学卒業・修了作品展』が1/31(火)まで。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 ここ数日寒い日が続いている影響で、東京文化会館横の池の水に厚さ2cm位の氷が張ってました。 その氷を足でつつく外国の観光客が楽しそうに遊んでましたが、氷が珍しいのでしょうかね・・・。 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立科学博物館で開催中の特別展『大英自然史博物館展』が6/11(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

関東地方も梅雨に入り、朝は雨が降ったり止んだりしていましたが、午後は晴れ間も見られ蒸し暑く感じられる天気でした。
上野公園内のアジサイの花も綺麗に咲き、美術鑑賞と一緒に楽しでみてはいかがでしょうか。

 

 


噴水前広場では6月3日(土曜日)~6月11日(日曜日)『海洋アジアの絆フェス 2017in上野Summer』が開催されます。
アセアン諸国の案内ブースや写真パネルの展示、特産を集めた物産展、飲食模擬店をはじめ特設ステージでのスポーツ・武道演武、民族舞踊、トークショー、歌謡ライブ等が行われます。

 

さて、本日ピックアップするのは国立科学博物館で開催されている特別展「大英自然史博物館展」がいよいよ今週末の6月11日(日)で終了します。
6/6には入場者数30万人を超し大変人気のある展覧会になっています。
大英自然史博物館から至宝約370点を厳選し、そのほとんどが日本初公開という貴重な展覧会です。
週末はお子さんと一緒に動植物のふしぎを発見しにいってみて下さい。

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立科学博物館

特別展「大英自然史博物館展」

大英自然史博物館から始祖鳥をはじめとする至宝約370点を厳選して展示します。ほとんどが日本初公開で、ロンドンで常設展示されているのも17点のみ。貴重な標本を間近に見られる絶好の機会です。

会期 2017年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600円
小・中・高校生 500円
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円


卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~

発生生物学に焦点を当て、この分野の最先端の研究成果やこれまでの歴史などを通して、生きものの形づくりについて紹介します。

会期 2017年4月4日(火) ~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料


★その他の展示★

2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


6/10(土)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・昆虫SEMミュージアム3,4
・日本館建物ガイド

6/11(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・種の存続にマイナスとなる進化
・深海の魅力:その調査風景

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」 【予告】
仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化を紹介します。

会期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

さて、『親と子のギャラリー』展のご招待チケットを5組10名様にプレゼントいたします。
詳細・招待券の応募はこちらより

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


屏風と襖絵―安土桃山~江戸
尾形光琳筆「風神雷神図屏風」を公開し、激流や金雲による意匠美ゆたかな屏風をはじめ、安土桃山時代から江戸時代の屏風を展示します。

会期 2017年5月30日(火)~ 2017年7月2日(日)
会場 本館 7室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展【予告】

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


ル・コルビュジエの芸術空間

2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介します。

会期 2017年6月9日(金)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月の金・土曜日は20:00まで、7~9月の金・土曜日は21:00まで
観覧料 一般500円(400円)/大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金。


アルチンボルド展講演会

日時 2017年6月20日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
シルヴィア・フェリーノ=パグデン(本展監修者、美術史家、元ウィーン美術史美術館絵画部長)
「アルチンボルド―自然模倣と空想のはざま」

2017年7月1日(土)14:00~15:30
水野千依(青山学院大学教授)
「アルチンボルドと北イタリアの美術」

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


上野の森美術館

絵本原画展 ― いもとようこの世界
134タイトル作品を6つのコーナーで構成し、オリジナル原画314点でいもとようこの画業の全貌を明らかにします。

会期 5月19日 (金) ~ 6月11日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般・大学・高校生1,000(800)円、中小生600(400)円、未就学児無料


高田啓介 油彩展
油彩画。

会期 6月8日 (木) ~ 6月14日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第6回 都美セレクション グループ展
従来の発想にとらわれない新しい表現を追及する現代作家のグループ展です。絵画、彫刻、映像、写真、インスタレーションとジャンルも多様な6グループの展覧会。

会期 2017年6月9日(金)~7月6日(木)
休室日 6月19日(月)~24日(土)、7月3日(月)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 無料


第105回 日本水彩展

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第1展示室
1階 第2展示室
展示内容 水彩画
観覧料 一般・大学生700円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料
※「バベルの塔」展チケット持参の方は300円引き


第41回 大翔展

会期 平成29年6月6日(火)~6月13日(火)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、水墨画 ほか
観覧料 無料


第42回 全国公募写真展「視点」

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 写真
観覧料 一般500円、大学生300円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料


第71回 職美展

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 2階 第1展示室
2階 第2展示室
展示内容 油彩画、水彩画、パステル画、アクリル画、工芸、水墨画、日本画、版画、彫塑・立体 ほか
観覧料 一般500円、大学生200円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料
※職美展チラシ持参の方は400円


★イベント情報★


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展
記念講演会

ボイマンス美術館のキュレーターをはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2017年6月17日(土) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館


Japan-China Textile Arts Exhibition -ひろがる布 つながる糸-

会期 2017年6月8日(木)- 6月18日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料
公式サイト http://textile-arts.geidai.ac.jp/



2074、夢の世界

会期 2017年6月17日(土)- 6月25日(日)
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料 無料
公式サイト http://www.rever2074.jp


東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園

両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館での特別展『茶の湯』が6/4(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 6月に入りました。 本日の上野公園は梅雨を思わせるジメジメとした天気になり、傘の出番もありました。 公園内にはアジサイの花も咲き始めており、梅雨の訪れを感じました。 雨が降っても [...]…
  2. 国立科学博物館にて特別展『大英自然史博物館展』が3/18(土)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は春の陽気でしたね。 いよいよ来週くらいには桜の開花が始まるようです。 公園内には宴会場所の準備も整い、お花見を予定されている方はその準備をしておいた方がいいかもしれません [...]…
  3. 春休みは「大英自然史博物館展」へGO!上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 東京・上野 美術館・博物館情報です。 上野公園の桜は今が最高に見ごろ。お天気も良く、気温は20度を超えているようでした。 お花見と観光客でいっぱいだったので、美術館を回るだけでもちょっと大変でした [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京国立博物館での特別展『茶の湯』が6/4(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

6月に入りました。
本日の上野公園は梅雨を思わせるジメジメとした天気になり、傘の出番もありました。

公園内にはアジサイの花も咲き始めており、梅雨の訪れを感じました。
雨が降っても屋内の美術館や博物館なら空調の効いた室内で快適に過ごせますので、芸術鑑賞にはピッタリかもしれません・・・。

 

 

さて、本日ピックアップするのは東京国立博物館で開催されている特別展『茶の湯』がいよいよ今週末の6月4日(日)で終了します。
入場者数20万人を超す人が鑑賞した展覧会でこれだけの国宝や重要文化財が多数出品された展覧会はしばらくないという事なので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


東京国立博物館

 

特別展「茶の湯」
室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観し、各時代を象徴する名品を通じて、それらに寄り添った人々の心の軌跡、そして次代に伝えるべき日本の美の粋をご覧ください。

会期 2017年4月11日(火) ~6月4日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験
夏休みは、日本美術を代表する名作で遊んでみませんか。
複製画を利用して、映像空間とともにケースなしで作品世界に向き合え、絵師が屏風に描いた世界をより能動的に五感で楽しめます。

さて、『親と子のギャラリー』展のご招待チケットを5組10名様にプレゼントいたします。
詳細・招待券の応募はこちらより

会期 2017年7月4日(火)~2017年9月3日(日)
会場 東京国立博物館 本館特別4室・5室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)


トーハクでバードウォッチング―キジやクジャク、鳳凰が勢ぞろい―
今年の干支は酉ということで日本の国鳥「キジ」に注目し、キジとキジ科の鳥をテーマに作品を集めました。

会期 2017年4月25日(火)~ 2017年6月4日(日)
会場 平成館 企画展示室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


国立西洋美術館

アルチンボルド展【予告】

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。
世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

会期 2017年6月20日(火)~2017年9月24日(日)
休館日 月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


アルチンボルド展講演会

日時 2017年6月20日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
シルヴィア・フェリーノ=パグデン(本展監修者、美術史家、元ウィーン美術史美術館絵画部長)
「アルチンボルド―自然模倣と空想のはざま」

2017年7月1日(土)14:00~15:30
水野千依(青山学院大学教授)
「アルチンボルドと北イタリアの美術」

2017年7月29日(土)14:00~15:30
桑木野幸司(大阪大学准教授)
「驚異の時代の驚異の芸術:マニエリスム芸術と自然描写の世界」

2017年8月26日(土)14:00~15:30
田辺幹之助(東京藝術大学教授)
「ハプスブルク家とアルチンボルド」

会場 国立西洋美術館講堂
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


上野の森美術館

絵本原画展 ― いもとようこの世界
134タイトル作品を6つのコーナーで構成し、オリジナル原画314点でいもとようこの画業の全貌を明らかにします。

会期 5月19日 (金) ~ 6月11日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般・大学・高校生1,000(800)円、中小生600(400)円、未就学児無料


高田啓介 油彩展
油彩画。

会期 6月8日 (木) ~ 6月14日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第6回 都美セレクション グループ展
従来の発想にとらわれない新しい表現を追及する現代作家のグループ展です。絵画、彫刻、映像、写真、インスタレーションとジャンルも多様な6グループの展覧会。

会期 2017年6月9日(金)~7月6日(木)
休室日 6月19日(月)~24日(土)、7月3日(月)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 無料


第105回 日本水彩展

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第1展示室
1階 第2展示室
展示内容 水彩画
観覧料 一般・大学生700円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料
※「バベルの塔」展チケット持参の方は300円引き


第41回 大翔展

会期 平成29年6月6日(火)~6月13日(火)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、水墨画 ほか
観覧料 無料


第42回 全国公募写真展「視点」

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 写真
観覧料 一般500円、大学生300円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料


第71回 職美展

会期 平成29年6月7日(水)~6月13日(火)
展示室 2階 第1展示室
2階 第2展示室
展示内容 油彩画、水彩画、パステル画、アクリル画、工芸、水墨画、日本画、版画、彫塑・立体 ほか
観覧料 一般500円、大学生200円
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料
※職美展チラシ持参の方は400円


★イベント情報★


「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」イブニング・レクチャー

本展担当の学芸員が、展覧会の見どころを解説します。
【日時】2017年6月2日(金) 18:30~19:00
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館


Japan-China Textile Arts Exhibition -ひろがる布 つながる糸-

会期 2017年6月8日(木)- 6月18日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料
公式サイト http://textile-arts.geidai.ac.jp/



2074、夢の世界

会期 2017年6月17日(土)- 6月25日(日)
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料 無料
公式サイト http://www.rever2074.jp


東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

特別展「大英自然史博物館展」

大英自然史博物館から始祖鳥をはじめとする至宝約370点を厳選して展示します。ほとんどが日本初公開で、ロンドンで常設展示されているのも17点のみ。貴重な標本を間近に見られる絶好の機会です。

会期 2017年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600円
小・中・高校生 500円
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円


卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~

発生生物学に焦点を当て、この分野の最先端の研究成果やこれまでの歴史などを通して、生きものの形づくりについて紹介します。

会期 2017年4月4日(火) ~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料


★その他の展示★

2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


6/3(土)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・大英自然史博物館のモグラの標本
・最新恐竜学

6/4(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・コケの生き方を考える
・中近東で発見されたユニークな人骨について

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園

両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 国立科学博物館で開催中の特別展『大英自然史博物館展』が6/11(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 関東地方も梅雨に入り、朝は雨が降ったり止んだりしていましたが、午後は晴れ間も見られ蒸し暑く感じられる天気でした。 上野公園内のアジサイの花も綺麗に咲き、美術鑑賞と一緒に楽しでみてはいかがでしょう [...]…
  2. 上野の森美術館『ポール・スミス展』が8/23日(火)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 Rioオリンピックでは日本人選手の活躍が連日届いていますね。 これだけ活躍する姿を見ているとオリンピックのニュースが気になってきます。 現在上野公園ではオリンピックのイベント『東京202 [...]…
  3. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。
28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。
迫力満天のお祭りを体感してください。

お祭りを楽しんだ後には、公園内の噴水前広場でさつきフェスティバルが行われていますので、各地の美味しい食べ物やお買い物をするなどして週末は上野で楽しみましょう。

 

 


5月24日(水曜日)~5月29日(月曜日)には『さつきフェスティバル』が開催されます。
多彩な花の美しさと盆栽の自然美の双方を楽しめます。

 

さて、本日ピックアップするのは国立西洋美術館で開催されている『シャセリオー』展です。
いよいよ今週末の5月28日(日)で終了します。
シャセリオーの作品は所在不明の作品も多く、本国フランスでも作品をまとまった形で見る機会は稀のようです。
そんな貴重な機会である日本初、シャセリオー大回顧展が間もなく終了しますので、お早めにどうぞ。

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立西洋美術館

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才

日本初、シャセリオー大回顧展
16歳で描いた自画像から、中期の代表作《アポロンとダフネ》、最晩年の《東方三博士の礼拝》まで、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約19点を集め、シャセリオーの芸術を日本ではじめて本格的に紹介します。

会期 2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
休館日 月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念
スケーエン:デンマークの芸術家村

会期 2017年2月10日(金)~2017年5月28日(日)
休館日 月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」(2月28日~5月28日)の観覧券でご覧いただけます。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


上野の森美術館

絵本原画展 ― いもとようこの世界
134タイトル作品を6つのコーナーで構成し、オリジナル原画314点でいもとようこの画業の全貌を明らかにします。

会期 5月19日 (金) ~ 6月11日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般・大学・高校生1,000(800)円、中小生600(400)円、未就学児無料


羽下昌方 個展
陶芸家として画家として、今世界で注目を集めるアーティスト・羽下昌方(はがあきのり)の絵画展。

会期 5月24日 (水) ~ 5月31日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京国立博物館

特別展「茶の湯」
室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観し、各時代を象徴する名品を通じて、それらに寄り添った人々の心の軌跡、そして次代に伝えるべき日本の美の粋をご覧ください。

会期 2017年4月11日(火) ~6月4日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


トーハクでバードウォッチング―キジやクジャク、鳳凰が勢ぞろい―
今年の干支は酉ということで日本の国鳥「キジ」に注目し、キジとキジ科の鳥をテーマに作品を集めました。

会期 2017年4月25日(火)~ 2017年6月4日(日)
会場 平成館 企画展示室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第71回 女流画家協会展

会期 平成29年5月29日(月)~6月4日(日)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
ロビー階 第4展示室
1階 第4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、版画 ほか
観覧料 一般700円、大学生・高校生500円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料


第41回 東洋書芸院公募展

会期 平成29年5月28日(日)~6月4日(日)
展示室 1階 第1展示室
展示内容
観覧料 無料


第56回 二元展

会期 平成29年5月29日(月)~6月4日(日)
展示室 1階 第2展示室
1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、ミクストメディア、日本画、版画
観覧料 無料


第60回 新象展

会期 平成29年5月29日(月)~6月4日(日)
展示室 2階 第1展示室
2階 第2展示室
2階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、彫塑・立体
観覧料 一般700円
学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料


★イベント情報★


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展記念講演会

ボイマンス美術館のキュレーターをはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2017年5月27日(土) 14:00~15:30
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館


ずれた 国際現代版画展&シンポジウム

会期 2017年5月11日(木)- 5月28日(日)
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
観覧料 無料
公式サイト https://hanga.tokyo/


東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


Japan-China Textile Arts Exhibition -ひろがる布 つながる糸-

会期 2017年6月8日(木)- 6月18日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

特別展「大英自然史博物館展」

大英自然史博物館から始祖鳥をはじめとする至宝約370点を厳選して展示します。ほとんどが日本初公開で、ロンドンで常設展示されているのも17点のみ。貴重な標本を間近に見られる絶好の機会です。

会期 2017年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600円
小・中・高校生 500円
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円


卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~

発生生物学に焦点を当て、この分野の最先端の研究成果やこれまでの歴史などを通して、生きものの形づくりについて紹介します。

会期 2017年4月4日(火) ~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料


★その他の展示★

2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


kahaku event 情報


5/27(土)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・多彩な花の色の世界
・隕石と太陽系

5/28(日)

2017 研究者によるディスカバリートーク
・小笠原のカニのはなし
・哺乳類化石について

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園

両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 上野公園噴水前広場にて『Japan Traditional Culture Festa』が5/12(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は気温も上がり、初夏を思わせる暑さになりました。 車の屋台で売っているアイスを食べながら歩いている観光客の姿を見ると季節が進んできたなぁと感じながら上野公園を廻ってきました。 [...]…
  2. 上野の森美術館にて『絵本原画展 ― いもとようこの世界』が5/19(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 上野公園を散歩するにはとてもいい季節になりましたね。 公園には地方から来た中学生の修学旅行や園児がお母さん一緒に遠足していたりとアットホームな感じでほのぼのとした気分になりました。 不忍 [...]…
  3. 国立科学博物館にて特別展『大英自然史博物館展』が3/18(土)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は春の陽気でしたね。 いよいよ来週くらいには桜の開花が始まるようです。 公園内には宴会場所の準備も整い、お花見を予定されている方はその準備をしておいた方がいいかもしれません [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野の森美術館にて『絵本原画展 ― いもとようこの世界』が5/19(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

上野公園を散歩するにはとてもいい季節になりましたね。
公園には地方から来た中学生の修学旅行や園児がお母さん一緒に遠足していたりとアットホームな感じでほのぼのとした気分になりました。

不忍池の蓮も緑濃く育ってきており、この季節ならではの気持ちいい風を感じにきてはいかがでしょうか・・・。

 

噴水前広場では『えちご長岡・佐渡広域観光フェア』が5月20日(土曜日)~5月21日(日曜日)に開催されます。
名産品の販売や様々な体験コーナーもあり、家族で楽しめるイベントになっています。

5月24日(水曜日)~5月29日(月曜日)には『さつきフェスティバル』が開催されます。
多彩な花の美しさと盆栽の自然美の双方を楽しめます。

 


東京国立博物館(上野)と東京国立近代美術館(竹橋)を結ぶ 無料シャトルバスが今週末で終了になります。
東京国立博物館×東京国立近代美術館コラボ企画の「茶の湯」・「樂」共通チケットもこれに合わせて終了になりますのでこれらの展覧会にご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

さて、本日ピックアップするのは上野の森美術館で5/19(金)より開催される『絵本原画展 ― いもとようこの世界』展です。
親から子へ、世代を超えて愛され続けている「いもとようこ」の初めてとなる本格的な展覧会。
独自に切り開いた貼り絵に着色する技法で描かれ、溢れる柔らかな色彩が、絵本に温かい表情を醸し出しています。
本展では134タイトル作品を6つのコーナーで構成し、オリジナル原画314点でいもとようこの画業の全貌を明らかにします。

 

また、国立西洋美術館にて6月20日(火)から開催される『アルチンボルド展』のチケットプレゼント企画を開催中です。
詳細・招待券の応募はこちらより

 

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


上野の森美術館

絵本原画展 ― いもとようこの世界
134タイトル作品を6つのコーナーで構成し、オリジナル原画314点でいもとようこの画業の全貌を明らかにします。

会期 5月19日 (金) ~ 6月11日 (日)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 入場料:一般・大学・高校生1,000(800)円、中小生600(400)円、未就学児無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京国立博物館

特別展「茶の湯」
室町時代から近代まで、「茶の湯」の美術の変遷を大規模に展観し、各時代を象徴する名品を通じて、それらに寄り添った人々の心の軌跡、そして次代に伝えるべき日本の美の粋をご覧ください。

会期 2017年4月11日(火) ~6月4日(日)
会場 東京国立博物館 平成館
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


懐石のうつわ
茶事における懐石の席で出されるうつわの特集展示です。

会期 2017年4月18日(火) ~ 2017年5月21日(日)
会場 東京国立博物館 本館 14室


トーハクでバードウォッチング―キジやクジャク、鳳凰が勢ぞろい―
今年の干支は酉ということで日本の国鳥「キジ」に注目し、キジとキジ科の鳥をテーマに作品を集めました。

会期 2017年4月25日(火)~ 2017年6月4日(日)
会場 平成館 企画展示室


東京国立博物館×東京国立近代美術館コラボ企画
無料シャトルバス

展覧会チケット等の提示で東京国立博物館(上野)と東京国立近代美術館(竹橋)を結ぶ 無料シャトルバスをご利用いただけます。

利用期間 2017年4月11日(火)~2017年5月21日(日)
料金 無料(定員50名、先着順)


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


東京都美術館


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
ブリューゲル1世作、《バベルの塔》の驚異の写実を実見できます。一説には画面上に描かれた人々の数は1,400人と言われています。細密なだけでなく、圧倒的なボリュームと迫真性を備えた世紀の傑作をご覧ください。

会期 2017年4月18日(火)~7月2日(日)
休室日 月曜日
※ただし、5月1日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第83回 旺玄展

会期 平成29年5月20日(土)~5月27日(土)
展示室 ロビー階 第1展示室
ロビー階 第2展示室
ロビー階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、版画、、ミクストメディア、鉛筆画 ほか
観覧料 一般700円(500円) ※( )内は団体料金(10名以上)
学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料
※「バベルの塔」展チケット持参の方は無料


第60回 表装・内装作品展

会期 平成29年5月20日(土)~5月27日(土)
展示室 ロビー階 第4展示室
展示内容 掛軸、額、屏風、襖、内装パネル
観覧料 無料


第64回 日府展

会期 平成29年5月19日(金)~5月27日(土)
展示室 1階 第1展示室
1階 第2展示室
展示内容 油彩画、日本画、水墨画、工芸、彫塑・立体、写真
観覧料 一般700円(600円)、大学生・高校生500円(400円)、中学生・小学生300円(200円)
※( )内は団体料金(10名以上)
未就学児・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料


第21回 一陽会東京展

会期 平成29年5月20日(土)~5月27日(土)
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、版画、水彩画、彫塑・立体
観覧料 無料


★イベント情報★


建築ツアー

東京都美術館の建物そのものを楽しんでいただくツアーです。
【日時】2017年5月20日(土) 14:00~14:45頃
【会場】東京都美術館 ミュージアムショップ前(中央棟 ロビー階)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京藝術大学大学美術館

特別展 「雪村-奇想の誕生-」

会期 2017年3月28日(火)- 5月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料 一般1600円(1400円)、大学1200円(1000円)、高校生900円(700円)
中学生以下は無料
( )は前売券及び20名以上の団体料金
公式サイト http://sesson2017.jp



ずれた 国際現代版画展&シンポジウム

会期 2017年5月11日(木)- 5月28日(日)
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
観覧料 無料
公式サイト https://hanga.tokyo/


東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

会期 第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

特別展「大英自然史博物館展」

大英自然史博物館から始祖鳥をはじめとする至宝約370点を厳選して展示します。ほとんどが日本初公開で、ロンドンで常設展示されているのも17点のみ。貴重な標本を間近に見られる絶好の機会です。

会期 2017年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生 1,600円
小・中・高校生 500円
金曜限定ペア得ナイト券 2,000円


卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~

発生生物学に焦点を当て、この分野の最先端の研究成果やこれまでの歴史などを通して、生きものの形づくりについて紹介します。

会期 2017年4月4日(火) ~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
観覧料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料


★その他の展示★

2017夏休みサイエンススクエア
【期間】2017年7月25日(火)~8月13日(日)


アルバムディクショナリーin大人のコンパス
5月26日(金)


kahaku event 情報


5/20(土) 2017 第843回天文学普及講演会

2017 研究者によるディスカバリートーク
・海の動物の卵から大人までを比べてみよう
・化学遺産の話

5/21(日) 2017 研究員によるCTスキャン室トーク

2017 研究者によるディスカバリートーク
・毒のあるガのはなし
・木をたべる貝のはなし

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園

両生爬虫類館特設展示
「ハペペ博士の研究所-あしのナゾ-」

期間 平成29 年3月22 日(水)~12 月28 日(木)
場所 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
エントランスホール内 特設展示コーナー
内容 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学べます。


(公財)東京動物園協会提供


国立西洋美術館

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才

日本初、シャセリオー大回顧展
16歳で描いた自画像から、中期の代表作《アポロンとダフネ》、最晩年の《東方三博士の礼拝》まで、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約19点を集め、シャセリオーの芸術を日本ではじめて本格的に紹介します。

会期 2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
休館日 月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念
スケーエン:デンマークの芸術家村

会期 2017年2月10日(金)~2017年5月28日(日)
休館日 月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」(2月28日~5月28日)の観覧券でご覧いただけます。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 五條天神社の例大祭が5/25(木)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 各地で神社のお祭りが行われていますが、上野公園にある五條天神社でも5月25日に例大祭が行われます。 28日(日)には本社神輿の渡御が行われ各町内を廻ります。迫力満天のお祭りを体感してください。 [...]…
  2. 上野公園噴水前広場にて『Japan Traditional Culture Festa』が5/12(金)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は気温も上がり、初夏を思わせる暑さになりました。 車の屋台で売っているアイスを食べながら歩いている観光客の姿を見ると季節が進んできたなぁと感じながら上野公園を廻ってきました。 [...]…
  3. 国立科学博物館にて『深海2017』展が7/11(火)より開催。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は日差しも強く、暑い日になりました。 この暑さの中、明日7月7日(金)~7月9日(日)まで『日本台湾祭り2017』が開催されます。 ステージでのパフォーマンスもあり、日本と [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
Page 1 of 4712345»102030...Last »

ホーム > 上野公園

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2017.07
日月火水木金土
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017.08
日月火水木金土
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

施設別情報

東京都美術館

国立科学博物館

東京国立博物館

国立西洋美術館

Search
Feeds
Meta