Home > 上野美術館・博物館情報

上野美術館・博物館情報 Archive

国立西洋美術館にて10/16(火)より『ルーベンス展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で10/16(火)から開催される『ルーベンス展―バロックの誕生』です。
バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介。

古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスとイタリア・バロック美術との関係を解きほぐします。

 


▲本日の各施設のイベント情報


国立西洋美術館


ルーベンス展―バロックの誕生

ルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示します。

会期 2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)
開館時間 9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


講演会

会場 国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員 各回先着130名
日時 2018年10月16日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
アンナ・ロ・ビアンコ(本展監修者・美術史家)
「ルーベンス―バロックの誕生」

2018年11月24日(土)14:00~15:30
幸福輝(美術史家・慶應義塾大学講師)
「ルーベンスとフランドル絵画におけるロマニズムの伝統」

2018年12月8日(土)14:00~15:30
渡辺晋輔(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
「ルーベンスとイタリア美術」


リヒター/クールベ

会期 2018年6月19日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日、7月17日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月28日(金)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月22日(金)~9月29日(土)までの毎週金・土曜日と毎月最終金曜日:午前9時30分~午後9時
10月以降の毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
ただし、11月17日(土)は午後5時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


上野の森美術館

フェルメール展
国内外で不動の人気を誇り、現存作はわずか35点とも言われています。
今回はそのうち9点を展示。日本美術展史上最大のフェルメール展を開催します。

会期 10月5日 (金) ~ 2019年2月3日 (日)
開館時間 開館時間 9:30~20:30(入場は閉館の30分前まで)
観覧料 日時指定入場制です。入場券は事前にご購入ください。
チケットの購入などの情報は公式HPで公開しています。
https://www.vermeer.jp/ticket/

前売日時指定券(税込)一般 2,500円、大高生1,800、中小学生1,000円


(C)The Ueno Royal Museum.


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」
日中平和友好条約の締結40周年を記念し、日本初公開となる北京画院の所蔵品を通じて、中国近代絵画の巨匠・斉白石(せいはくせき)の人と芸術を紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2018年12月25日(火)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)


中国書画精華-名品の魅力-
宋・元時代の書画の中には、中国では失われ、日本にしか現存していない貴重なものも少なくなく、日本伝来の中国書画の名品の魅力をわかりやすく紹介。

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室


中国写真紀行―日本人が撮った100年前の風景―
清朝末期から中華民国の初めに撮影された写真資料から、中国各地の風景ご紹介。

会期 2018年9月4日(火)~2018年10月28日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 企画展示室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


東京藝術大学大学美術館


藝大コレクション展2018

会期 2018年10月2日(火) – 11月11日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
観覧料 一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金



幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期 2018年10月2日(火) – 10月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料



芸術の保存・修復 ―未来への遺産

会期 2018年10月2日(火) – 10月18日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料



膠と修理 ― 《序の舞》を守る ― 展

会期 2018年10月14日(日) – 10月19日(金)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ ただし、10月19日(金)最終日のみ、午後4時閉館
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

 


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
開館時間 9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
観覧料 一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)
小・中・高校生:600円(前売券 500円)


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


★その他の展示★

国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


10/13(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・【化石の日特別企画】 カンブリア大爆発
・カビの分布を探る

10/14(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・【化石の日特別企画】 ニッポニテスのレプリカをつくろう
・特別展「昆虫」プレイバック

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園


大人のための動物園・水族園講座
、参加者を16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。初冬の動物園・水族園を、大人だけでゆったりとご堪能ください。

テーマ 日にち 時間 定員
半日で学ぶ動物園の楽しみ方 11月27日(火)
11月30日(金)
9:30~12:00 各日
20名

【対象】16歳以上

【参 加 費】無料(入園料も無料となります)
【応募方法】
往復はがきで以下のとおりお申し込みください。往復はがき1枚につき2名まで応募できます。
往信面に参加希望テーマ・希望日、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・電話番号を記入し、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、「大人のための講座係」までお申し込みください。
また、託児サービスご希望の方は、託児を希望するお子様の年齢(講座実施日現在)と人数も明記してください。
【宛先】
恩賜上野動物園 〒110-8711 台東区上野公園9-83 大人のための講座係

【締切】平成30年11月10日(土)消印有効


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


東京都美術館



ムンク展―共鳴する魂の叫び
ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


第64回 東洋書芸展

会期 10月17日(水)→10月22日( 月 )
展示室 ロビー階 第4展示室
展示内容 書、水墨画
観覧料 無料


第69回 一線美術会展

会期 10月17日(水)→10月22日( 月 )
展示室 1階 第1・2展示室
展示内容 油彩画、水彩画、版画
観覧料 一般700円、大学生・高校生500円
中学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)無料


第22回 太平洋美術会東京支部展

会期 10月16日(火)→10月22日( 月 )
展示室 1階 第3展示室
展示内容 油彩画、水彩画、版画、工芸、彫塑・立体
観覧料 無料


★イベント情報★


ムンク展―共鳴する魂の叫び
記念講演会

本展学術協力者をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2018年10月27日(土) 14:00~15:30
【テーマ】「エドヴァルド・ムンク:絵画的実験と実存主義の探求」
【会場】東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


上野東照宮

第3回 上野東照宮 特別祭典ダリア綾なす秋の園

開苑期間 2018年9月29日(土)~10月28日(日)
(気象条件により変動することがあります)
開苑時間 9時30分~16時30分(入苑締切)
入苑料 500円(小学生以下無料)


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて10/2(火)より特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は東京国立博物館で10/2(火)から開催される特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』です。 千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代の1220年に、義空上人( [...]…
  2. 上野の森美術館にて10/5(金)より『フェルメール展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は上野の森美術館で10/5(金)から開催される『フェルメール展』です。 日本美術展史上最大のフェルメール展となる今回の展覧会は「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」 [...]…
  3. 国立西洋美術館にて10/21(土)より『北斎とジャポニスム』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 冷たい雨が降り続いている上野公園は冬のように寒く、人の姿も少なめでした。 各美術館・博物館では新たな特別展が始まっていますが、本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で10月21日 (土) か [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野の森美術館にて10/5(金)より『フェルメール展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は上野の森美術館で10/5(金)から開催される『フェルメール展』です。
日本美術展史上最大のフェルメール展となる今回の展覧会は「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」・・・欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作9点を展示。
フェルメールだけではなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらオランダ同時代の絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介します。

また、フェルメールを存分に楽しんでもらうために「日時指定入場制」を導入。長時間待つということもなく鑑賞できます。さらに音声ガイドも全員無料で貸し出されます。

この機会に是非上野でご覧ください。

 


【催物名】佐賀の物産とチャリティー全国大陶器市
【期間】10月3日(水曜日)~10月9日(火曜日)


【催物名】全国梅酒まつりin東京2018
【期間】10月5日(金曜日)~10月8日(月曜日)

 


▲本日の各施設のイベント情報


上野の森美術館

フェルメール展
国内外で不動の人気を誇り、現存作はわずか35点とも言われています。
今回はそのうち9点を展示。日本美術展史上最大のフェルメール展を開催します。

会期 10月5日 (金) ~ 2019年2月3日 (日)
開館時間 開館時間 9:30~20:30(入場は閉館の30分前まで)
観覧料 日時指定入場制です。入場券は事前にご購入ください。
チケットの購入などの情報は公式HPで公開しています。
https://www.vermeer.jp/ticket/

前売日時指定券(税込)一般 2,500円、大高生1,800、中小学生1,000円


(C)The Ueno Royal Museum.


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」
日中平和友好条約の締結40周年を記念し、日本初公開となる北京画院の所蔵品を通じて、中国近代絵画の巨匠・斉白石(せいはくせき)の人と芸術を紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2018年12月25日(火)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)


中国書画精華-名品の魅力-
宋・元時代の書画の中には、中国では失われ、日本にしか現存していない貴重なものも少なくなく、日本伝来の中国書画の名品の魅力をわかりやすく紹介。

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


国立西洋美術館


ルーベンス展―バロックの誕生

ルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示します。

会期 2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)
開館時間 9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


講演会

会場 国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員 各回先着130名
日時 2018年10月16日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
アンナ・ロ・ビアンコ(本展監修者・美術史家)
「ルーベンス―バロックの誕生」

2018年11月24日(土)14:00~15:30
幸福輝(美術史家・慶應義塾大学講師)
「ルーベンスとフランドル絵画におけるロマニズムの伝統」

2018年12月8日(土)14:00~15:30
渡辺晋輔(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
「ルーベンスとイタリア美術」


リヒター/クールベ

会期 2018年6月19日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日、7月17日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月28日(金)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月22日(金)~9月29日(土)までの毎週金・土曜日と毎月最終金曜日:午前9時30分~午後9時
10月以降の毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
ただし、11月17日(土)は午後5時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京藝術大学大学美術館


藝大コレクション展2018

会期 2018年10月2日(火) – 11月11日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
観覧料 一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金



幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期 2018年10月2日(火) – 10月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料



芸術の保存・修復 ―未来への遺産

会期 2018年10月2日(火) – 10月18日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料



須永剛司退任展

会期 2018年10月4日(木) – 10月9日(火)
午前10時 – 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
開館時間 9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
観覧料 一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)
小・中・高校生:600円(前売券 500円)


★その他の展示★

セミナー「地球深部探査船「ちきゅう」南海トラフの超深部に挑む」
【期間】2018年10月6日(土)


国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


10/6(土) まちなかコンサート ~芸術の秋、音楽さんぽ~

2018 研究者によるディスカバリートーク
・ノーベル賞でみる物理の歴史
・韓国済州島のコケ

10/7(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・【化石の日特別企画】 化石レプリカを作る技
・特別展「昆虫」に出てくるチョウとガ

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第86回 版画展

会期 10月7日(日)→10月22日( 月 )
展示室 ロビー階 第1・2・3展示室
展示内容 版画
観覧料 一般600円
学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第52回 日本七宝作家協会国際展

会期 10月7日(日)→10月14日(日)
展示室 ロビー階 第4展示室
展示内容 工芸
観覧料 一般500円、大学生・高校生400円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第57回 現水展

会期 10月7日(日)→10月14日(日)
展示室 1階 第1・2展示室
展示内容 水墨画
観覧料 無料


★イベント情報★


トビカン・ヤカン・カイカン・ツアー

ライトアップされた東京都美術館を散策するツアーです。アート・コミュニケータ(とびラー)がガイドを務め、素敵なツアーにご案内。
【日時】2018年10月5日(金) 19:15~19:45頃
【集合場所】東京都美術館 ミュージアムショップ前(中央棟 ロビー階)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


上野東照宮

第3回 上野東照宮 特別祭典ダリア綾なす秋の園

開苑期間 2018年9月29日(土)~10月28日(日)
(気象条件により変動することがあります)
開苑時間 9時30分~16時30分(入苑締切)
入苑料 500円(小学生以下無料)


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて10/2(火)より特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は東京国立博物館で10/2(火)から開催される特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』です。 千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代の1220年に、義空上人( [...]…
  2. 国立西洋美術館にて10/16(火)より『ルーベンス展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で10/16(火)から開催される『ルーベンス展―バロックの誕生』です。 バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「 [...]…
  3. 国立科学博物館にて4月20日(金)から「沖縄の旧石器時代が熱い!」が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日のピックアップする企画展は4月20日(金)~6月17日(日)まで国立科学博物館で開催される『沖縄の旧石器時代が熱い!』です。 日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京国立博物館にて10/2(火)より特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は東京国立博物館で10/2(火)から開催される特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』です。
千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代の1220年に、義空上人(ぎくうしょうにん)が開創した古刹。
2020年に創建800年を迎えることを記念し、大報恩寺に伝わる、快慶、定慶(じょうけい)、行快(ぎょうかい)ら“慶派スーパースター”の名品の数々を紹介します。

また、同時開催される『マルセル・デュシャンと日本美術』展との2展セット観覧チケットもあるので合わせて鑑賞ください。

 


▲本日の各施設のイベント情報


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


中国書画精華-名品の魅力-
宋・元時代の書画の中には、中国では失われ、日本にしか現存していない貴重なものも少なくなく、日本伝来の中国書画の名品の魅力をわかりやすく紹介。

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


国立西洋美術館


ルーベンス展―バロックの誕生

ルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示します。

会期 2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)
開館時間 9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


講演会

会場 国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員 各回先着130名
日時 2018年10月16日(火)14:00~15:30 ※同時通訳付き
アンナ・ロ・ビアンコ(本展監修者・美術史家)
「ルーベンス―バロックの誕生」

2018年11月24日(土)14:00~15:30
幸福輝(美術史家・慶應義塾大学講師)
「ルーベンスとフランドル絵画におけるロマニズムの伝統」

2018年12月8日(土)14:00~15:30
渡辺晋輔(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
「ルーベンスとイタリア美術」


リヒター/クールベ

会期 2018年6月19日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日、7月17日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月28日(金)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月22日(金)~9月29日(土)までの毎週金・土曜日と毎月最終金曜日:午前9時30分~午後9時
10月以降の毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
ただし、11月17日(土)は午後5時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京藝術大学大学美術館


藝大コレクション展2018

会期 2018年10月2日(火) – 11月11日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
観覧料 一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金



幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期 2018年10月2日(火) – 10月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料



芸術の保存・修復 ―未来への遺産

会期 2018年10月2日(火) – 10月18日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料



須永剛司退任展

会期 2018年10月4日(木) – 10月9日(火)
午前10時 – 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
開館時間 9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
観覧料 一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)
小・中・高校生:600円(前売券 500円)


★その他の展示★

セミナー「地球深部探査船「ちきゅう」南海トラフの超深部に挑む」
【期間】2018年10月6日(土)


国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


9/29(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・企画展「標本づくりの技」について

9/30(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・トンボのおはなし
・化学工業の歴史

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


上野の森美術館

フェルメール展
国内外で不動の人気を誇り、現存作はわずか35点とも言われています。
今回はそのうち8点を展示。日本美術展史上最大のフェルメール展を開催します。

会期 10月5日 (金) ~ 2019年2月3日 (日)
開館時間 開館時間 9:30~20:30(入場は閉館の30分前まで)
観覧料 日時指定入場制です。入場券は事前にご購入ください。
チケットの購入などの情報は公式HPで公開しています。
https://www.vermeer.jp/ticket/

前売日時指定券(税込)一般 2,500円、大高生1,800、中小学生1,000円


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第68回 流形展

会期 9月27日(木)→10月5日(金)
展示室 1階 第1展示室
展示内容 写真、油彩画、工芸、彫塑・立体、水彩画、日本画、水墨画
観覧料 一般500円(400円 )
※()内は団体料金(10名以上)


第42回 新日美展

会期 9月27日(木)→10月5日(金)
展示室 1階 第2・3展示室
展示内容 油彩画、工芸、日本画、水彩画、水墨画
観覧料 一般500円(200円)、大学生300円(100円)
※()内は団体料金(5名以上)


第24回 極美展

会期 9月28日(金)→10月5日(金)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 日本画、油彩画、水彩画、工芸、水墨画、版画
観覧料 一般・大学生700円(500円 )
※()内は団体料金(20名以上)


★イベント情報★


佐藤慶太郎生誕150年記念講演会
「美のこころざし-石炭の神様・佐藤慶太郎と東京都美術館」

ライトアップされた東京都美術館を散策するツアーです。アート・コミュニケータ(とびラー)がガイドを務め、素敵なツアーに案内いたします。
【日時】2018年10月1日(月) 14:00~15:00
【テーマ】「美のこころざし-石炭の神様・佐藤慶太郎と東京都美術館」
【会場】東京都美術館 講堂

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて1/16(火)より特別展『仁和寺と御室派のみほとけ』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 新年を迎えて美術館・博物館も新しい企画展が始まります。 本日は東京国立博物館にて1/16(火)より『仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―』展が始まります。 仁和寺は歴代 [...]…
  2. 国立西洋美術館にて10/16(火)より『ルーベンス展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で10/16(火)から開催される『ルーベンス展―バロックの誕生』です。 バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「 [...]…
  3. 上野の森美術館にて10/5(金)より『フェルメール展』が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は上野の森美術館で10/5(金)から開催される『フェルメール展』です。 日本美術展史上最大のフェルメール展となる今回の展覧会は「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立西洋美術館で開催中の『ミケランジェロと理想の身体』展が9/24(月・祝)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で9/24(月・祝)まで開催されている『ミケランジェロと理想の身体』展です。
彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したミケランジェロ。
世界に約40点しか現存しない大理石彫刻の中から傑作《若き洗礼者ヨハネ》と《ダヴィデ=アポロ》2点が初来日しています。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れることだけでも大事件というくらい貴重な作品が上野で鑑賞できるのもあと4日。
上記2点以外にも古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の芸術家が創りあげた理想の身体美の作品も鑑賞できます。

この貴重な作品を上野で鑑賞ください。

 


▲本日の各施設のイベント情報


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


リヒター/クールベ

会期 2018年6月19日(火)~2019年1月20日(日)
休館日 月曜日、7月17日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月28日(金)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
6月22日(金)~9月29日(土)までの毎週金・土曜日と毎月最終金曜日:午前9時30分~午後9時
10月以降の毎週金・土曜日:午前9時30分~午後8時
ただし、11月17日(土)は午後5時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般500円(400円)、大学生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京藝術大学大学美術館


台湾写真表現の今

会期 2018年9月14日(金)-9月29日(土)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の10分前まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料



幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期 2018年10月2日(火) – 10月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料



芸術の保存・修復 ―未来への遺産

会期 2018年10月2日(火) – 10月18日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料



須永剛司退任展

会期 2018年10月4日(木) – 10月9日(火)
午前10時 – 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
開館時間 9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
観覧料 一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)
小・中・高校生:600円(前売券 500円)


★その他の展示★

セミナー「地球深部探査船「ちきゅう」南海トラフの超深部に挑む」
【期間】2018年10月6日(土)


国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


9/22(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・海の哺乳類について
・日本館建物ガイド

9/23(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・サンゴに暮らすカニの話
・植物の化石に触ってみよう!

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


中国書画精華-名品の魅力-
宋・元時代の書画の中には、中国では失われ、日本にしか現存していない貴重なものも少なくなく、日本伝来の中国書画の名品の魅力をわかりやすく紹介。

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


上野の森美術館

金沢工業大学所蔵
世界を変えた書物展

会期 9月8日 (土) ~ 9月24日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


第3回 日本木彫刻展

会期 9月20日 (木) ~ 9月24日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第80回記念 一水会展

会期 9月20日(木)~10月5日(金)
展示室 ロビー階 第1・2・3・4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、パステル
観覧料 一般800円
学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第61回 新協美術展

会期 9月20日(木)~9月26日(水)
展示室 1階 第1・2・3展示室
展示内容 油彩画、写真、工芸、彫塑・立体、水彩画、日本画
観覧料 一般700円(400円)、大学生300円(200円)、高校生・中学生200円(100円 )

※()内は団体料金(15名以上)


第48回 双樹展

会期 9月19日(水)~9月26日(水)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 油彩画、日本画、水墨画、水彩画、色鉛筆、ボールペン
観覧料 一般・大学生・高校生500円(400円)
※()内は団体料金(20名以上)


★イベント情報★


トビカン・ヤカン・カイカン・ツアー

ライトアップされた東京都美術館を散策するツアーです。アート・コミュニケータ(とびラー)がガイドを務め、素敵なツアーに案内いたします。
【日時】2018年9月28日(金) 19:15~19:45頃

【集合場所】東京都美術館 ミュージアムショップ前(中央棟 ロビー階)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 国立西洋美術館にて6/19(火)より「ミケランジェロと理想の身体」展が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日のピックアップする展覧会は国立西洋美術館で6月19日(火)~9月24日(月・休)に開催される『ミケランジェロと理想の身体』展です。 世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2 [...]…
  2. 東京国立博物館にて開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ展』が3/11(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 春の嵐が去ったら、気温が急上昇。 今年の冬は寒さ厳しく、雪も多かったので、春がようやく来たという感じでしょうか。   さて、本日のピックアップする展 [...]…
  3. 国立科学博物館で開催中の『古代アンデス文明』展が2/18(日)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日のピックアップする展覧会は2/5に来場者数が15万人に達し、多くの人がアンデス文明の謎に迫まった人気の展覧会。 国立科学博物館で開催されている『古代アンデス文明展』です。 巨石の文化 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京藝術大学大学美術館で9/14より『台湾写真表現の今』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は9/14(金)より東京藝術大学大学美術館で開催される『台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉』展です。
台湾で制作発表している、あまり日本では紹介される事の少なかった8名の写真家による展覧会。
台湾の町並みや風土をテーマとして、社会や自身を見つめる作家と、自身の内部に根ざし、そこから社会に照らし返すような作業をする作家によって、現代台湾の独特な状況や、また グローバルな普遍性を探る展示。

観覧料は無料ですので、お気軽に台湾独特の世界観を楽しんでください。

 


▲本日の各施設のイベント情報


東京藝術大学大学美術館


台湾写真表現の今

会期 2018年9月14日(金)-9月29日(土)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の10分前まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料



幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期 2018年10月2日(火) – 10月21日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料



芸術の保存・修復 ―未来への遺産

会期 2018年10月2日(火) – 10月18日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。

会期 2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
開館時間 9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
観覧料 一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)
小・中・高校生:600円(前売券 500円)


★その他の展示★

国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


9/15(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・海洋プレートのできかた
・哺乳類の多様性

9/16(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・魚は水槽の中で“進化”する??
・鉱山絵巻を読みとく「町でのお仕事1」 

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


中国書画精華-名品の魅力-
宋・元時代の書画の中には、中国では失われ、日本にしか現存していない貴重なものも少なくなく、日本伝来の中国書画の名品の魅力をわかりやすく紹介。

会期 2018年8月28日(火) ~ 2018年10月21日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館 8室


★各種催し物情報★


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


上野の森美術館

金沢工業大学所蔵
世界を変えた書物展

会期 9月8日 (土) ~ 9月24日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


誠心社現代書小作品展

会期 9月13日 (木) ~ 9月18日 (火)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第80回記念 一水会展

会期 9月20日(木)~10月5日(金)
展示室 ロビー階 第1・2・3・4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、パステル
観覧料 一般800円
学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第61回 新協美術展

会期 9月20日(木)~9月26日(水)
展示室 1階 第1・2・3展示室
展示内容 油彩画、写真、工芸、彫塑・立体、水彩画、日本画
観覧料 一般700円(400円)、大学生300円(200円)、高校生・中学生200円(100円 )

※()内は団体料金(15名以上)


第48回 双樹展

会期 9月19日(水)~9月26日(水)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 油彩画、日本画、水墨画、水彩画、色鉛筆、ボールペン
観覧料 一般・大学生・高校生500円(400円)
※()内は団体料金(20名以上)


★イベント情報★


建築ツアー

東京都美術館の建物そのものを楽しんでいただくツアーです。アート・コミュニケータ(とびラー)がガイドを務め、ガイド独自のツアーにご案内します。
【日時】2018年9月15日(土) 14:00~14:45頃

【集合場所】東京都美術館 ミュージアムショップ前(中央棟 ロビー階)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて12/5(火)より『刀剣鑑賞の歴史』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 昨日の小春日和の暖かさから一転、今日の上野公園は冬の寒さが戻ってきました。 公園内の木々の葉も落ち、赤や黄色の葉で地面が染まってこの時期ならではの風景になっていました。 紅葉の見ごろもあ [...]…
  2. 国立西洋美術館にて10/21(土)より『北斎とジャポニスム』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 冷たい雨が降り続いている上野公園は冬のように寒く、人の姿も少なめでした。 各美術館・博物館では新たな特別展が始まっていますが、本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で10月21日 (土) か [...]…
  3. 国立西洋美術館で開催中の『ミケランジェロと理想の身体』展が9/24(月・祝)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で9/24(月・祝)まで開催されている『ミケランジェロと理想の身体』展です。 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したミケランジェロ。 世界に約40 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立科学博物館で9/4より企画展『標本づくりの技(ワザ)』が始まりました。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は9/4より国立科学博物館で開催されている企画展『標本づくりの技(ワザ)』です。
博物館が収集した自然物や科学技術の産物などの「モノ」は「標本化」という手順を、科学技術資料は整理や修復などの手順を経てはじめて、標本や資料として研究・展示に活用され、長期保管が可能になります。

そんな標本づくりの技を習得した職人の数々の標本に加え、標本づくりの技や道具類も数多く展示。
博物館のバックヤードにいるような臨場感が楽しめます。

 


▲本日の各施設のイベント情報


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


★その他の展示★

国際シンポジウム「海底火山:躍動する地球を見る窓」
【期間】2018年11月3日(土)~11月4日(日)


国際シンポジウム「東・東南アジアにおける植物多様性保全」
【期間】11月9日(金)~11月11日(日)


9/8(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・クラゲは花
・日本列島を造る岩石

9/9(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・ミャンマーの地衣類調査
・最近の天文学の話題

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


東京国立博物館

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示。

会期 2018年10月2日(火) ~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室第3室・第4室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1400円(1200円/1200円)、大学生1000円(800円/800円)、高校生800円(600円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会。

会期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室 第1室・第2室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで開館)
観覧料 一般1200円(1000円/900円)、大学生900円(700円/600円)、高校生700円(500円/400円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


★各種催し物情報★


親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

2018年夏休みは、NHK Eテレ「びじゅチューン!」とのコラボレーション企画。
「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」や「見返り美人図」、「麗子微笑」など、「びじゅチューン!」で歌になったトーハク所蔵のびじゅつ作品の複製や映像を使った体験型展示を行います。

【日程】2018年7月24日(火) ~ 2018年9月9日(日)


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


東京藝術大学大学美術館


台湾写真表現の今

会期 2018年9月14日(金)-9月29日(土)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の10分前まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


東京藝術大学 日本画第一研究室 発表展

会期 2018年8月29日(水) – 9月11日(火)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


上野の森美術館

金沢工業大学所蔵
世界を変えた書物展

会期 9月8日 (土) ~ 9月24日 (月)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


第2回日本画院受賞作家展

会期 9月6日 (木) ~ 9月12日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第43回 日本手工芸美術展覧会

会期 9月10日( 月 )→9月17日( 月 )
展示室 1階 第4展示室
展示内容 手工芸、工芸
観覧料 一般500円、大学生・高校生・中学生300円
小学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)
無料
※「特別展」、「企画展」チケットご持参の方は100円引き


第47回 齣展

会期 9月9日(日)→9月17日( 月 )
展示室 2階 第2展示室
展示内容 油彩画、水彩画、彫塑・立体、水墨画、版画、写真ほか
観覧料 一般500円(400円 ) ※()内は団体料金(10名以上)学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第56回 全展

会期 9月9日(日)→9月17日( 月 )
展示室 2階 第1展示室
展示内容 油彩画、写真、水彩画、日本画
観覧料 一般500円、大学生・高校生・中学生300円
小学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(2名)
無料
※「特別展」、「企画展」チケットご持参の方は100円引き


★イベント情報★


「没後50年 藤田嗣治展」記念講演会

本展学術協力者をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2018年9月8日(土) 14:00~15:30
【テーマ】「藤田、上野に還る」
【場所】東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


ミケランジェロと理想の身体 講演会

国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行います。

ルネサンス期のローマ:古代彫刻の街 日時:2018年9月8日(土)14:00~15:30
飯塚隆(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 国立西洋美術館で開催中の『ミケランジェロと理想の身体』展が9/24(月・祝)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で9/24(月・祝)まで開催されている『ミケランジェロと理想の身体』展です。 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したミケランジェロ。 世界に約40 [...]…
  2. 東京藝術大学大学美術館で9/14より『台湾写真表現の今』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は9/14(金)より東京藝術大学大学美術館で開催される『台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉』展です。 台湾で制作発表している、あまり日本では紹介される事の少なか [...]…
  3. 東京国立博物館で開催中の「縄文展」が今週末で終了になります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は7/3より東京国立博物館で開催されている特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が今週末で終了になります。 来場者数も20万人を超える人気の展覧会となっており、今日もチケットを買う人が [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京国立博物館で開催中の「縄文展」が今週末で終了になります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は7/3より東京国立博物館で開催されている特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が今週末で終了になります。
来場者数も20万人を超える人気の展覧会となっており、今日もチケットを買う人が列をつくっていました。

1万年にわたって続いた縄文時代の土器や土偶、お洒落アイテムの耳飾りなど教科書でおなじみの国宝をはじめ重要文化財を一同に集めた展覧会です。

週末はさらに混みあうかと思いますので、前売りチケットを買ってから行くのがおすすめです。

 


▲本日の各施設のイベント情報


東京国立博物館

 

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。

会期 2018年7月3日(火)~2018年9月2日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


明治150年記念 書と絵が語る明治

会期 2018年7月10日(火)~2018年9月2日(日)
会場 本館 特別1室・特別2室


★各種催し物情報★


親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

2018年夏休みは、NHK Eテレ「びじゅチューン!」とのコラボレーション企画。
「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」や「見返り美人図」、「麗子微笑」など、「びじゅチューン!」で歌になったトーハク所蔵のびじゅつ作品の複製や映像を使った体験型展示を行います。

【日程】2018年7月24日(火) ~ 2018年9月9日(日)


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


東京藝術大学大学美術館


台湾写真表現の今

会期 2018年9月14日(金)-9月29日(土)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の10分前まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料 無料


東京藝術大学 日本画第一研究室 発表展

会期 2018年8月29日(水) – 9月11日(火)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


上野の森美術館

第25回 泰書展

会期 8月30日 (木) ~ 9月4日 (火)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


小林努 ー巡礼ー

会期 8月30日 (木) ~ 9月5日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


再興第103回 院展

会期 9月1日(土)~9月17日( 月 )
展示室 ロビー階 第1・2・3・4展示室
展示内容 日本画
観覧料 一般900円(700円 ) ※()内は団体料(10名以上)70歳以上700円


第54回 主体展

会期 9月1日(土)~9月17日( 月 )
展示室 1階 第1・2・3展示室
展示内容 油彩画、水彩画ほか
観覧料 一般800円(500円)、大学生500円(200円)※()内は団体料金(20名以上)65歳以上500円


第55回 近代美術協会展

会期 8月31日(土)~9月8日( 土 )
展示室 1階 第4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、版画
観覧料 一般500円(300円)、大学生300円(200円)


★イベント情報★


「没後50年 藤田嗣治展」記念講演会

本展学術協力者をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2018年9月8日(土) 14:00~15:30
【テーマ】「藤田、上野に還る」
【場所】東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


国立科学博物館

 


特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


9/1(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・最近の東南アジアのヒト古代DNA研究について

9/2(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・昆虫SEMミュージアム11、12
・資料が展示されるまで

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


ミケランジェロと理想の身体 講演会

国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行います。

ルネサンス期のローマ:古代彫刻の街 日時:2018年9月8日(土)14:00~15:30
飯塚隆(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 国立西洋美術館で開催中の『ミケランジェロと理想の身体』展が9/24(月・祝)で終了します。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立西洋美術館で9/24(月・祝)まで開催されている『ミケランジェロと理想の身体』展です。 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したミケランジェロ。 世界に約40 [...]…
  2. 国立科学博物館で9/4より企画展『標本づくりの技(ワザ)』が始まりました。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は9/4より国立科学博物館で開催されている企画展『標本づくりの技(ワザ)』です。 博物館が収集した自然物や科学技術の産物などの「モノ」は「標本化」という手順を、科学技術資料は整理 [...]…
  3. 東京藝術大学大学美術館で9/14より『台湾写真表現の今』展が始まります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は9/14(金)より東京藝術大学大学美術館で開催される『台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉』展です。 台湾で制作発表している、あまり日本では紹介される事の少なか [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

衰えない人気の縄文展は9月2日まで!上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

東京・上野 美術館・博物館情報です。

先週は暑さが一段落したように思えたのですが、今日はまた酷暑に逆戻り。

DSC08458

街中の温度計は34度を指し示し、日射の強い場所は御覧の通り、人もまばら。

しかし、人気の展示にはお客さんがたくさんいましたよ。

DSC08441

▲本日の各施設イベント情報。

 

東京国立博物館

DSC08449

平日にもかかわらず「縄文展」は入場規制がかかるほどの人気ぶり。

DSC08451

DSC08457

14時ごろに取材に行ったのですが、入場出場される方でどこもいっぱい。みんな縄文時代に興味津々なんですね。

入場規制になることもあるので、週末は時間的な余裕をもってご来場されたほうがいいですね。

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

会期:2018年7月3日(火)~9月2日(日)

会場:東京国立博物館 平成館

時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

観覧料:一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)

中学生以下無料

 

DSC08452

トーハクの平常展の中に、親と子のギャラリー「なりきり日本美術館」という展示も行われていました。

DSC08453

わたしのお気に入りはこちら。「富嶽三十六景」の世界感がアニメになっており、大きい声で「ふじさーん」と叫びます。

DSC08455

大声と判定されると大波が発生。声が小さいと小さい波しかできないので、恥ずかしがらずに思いっきり叫びましょう。

他にも面白い参加型イベントがたくさんな「なりきり日本美術館」は9月9日まで。平常展の入場料だけで楽しめます。

 

DSC08450

小さくて見にくいですが、次回予告の看板もでていました。「海の道ジャランジャラン」展は9月4日から。

博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン

会期:2018年9月4日(火)~9月30日(日)

会場:東京国立博物館 東洋館

時間:9:30~17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)

 

国立科学博物館

DSC08447

「国立科学博物館」は夏休み中のちびっこ中心に賑わっていました。

DSC08446

特別展の入り口には「混み合っています!」看板が立っていました。

NHK Eテレの「昆虫すごいぜ」で活躍中の香川照之さんのポスターが目印です。

特別展「昆虫」

会期:2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)

時間:9:00~17:00(金・土曜は20時まで)

観覧料:一般・大学生1,600円、小・中・高校生600円、金曜土曜限定ペア得ナイト券2,000円

 

国立西洋美術館

DSC08442

DSC08444

「ミケランジェロ展」開催中の国立西洋美術館。

国立西洋美術館の入り口広場にはロダンの彫刻があるので、ロダンもミケランジェロも両方楽しめるチート状態。

ミケランジェロと理想の身体

会期:2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)

開館時間:午前9時30分~午後5時30分、毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)

観覧料金:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円

 

DSC08443

「西洋版画を見る」展も面白そうです。こちらも9月24日まで。

 

上野の森美術館

DSC08463

DSC08464

「日本の自然を描く展」が催されているはずなのですが、今日は14時閉館とのこと。

展示替えの為らしいです。

第31回日本の自然を描く展

会期:2018年8月9日(木)~8月28日(火)

時間:10:00 ~ 17:00

入場料:当日:一般 500円、大学生 300円、高校生以下無料

上野の森美術館所蔵近代版画展

会期:2018年8月17日(金)~8月28日(火)

時間:10:00 ~ 17:00

入場料:一般200円、開催中の「日本の自然を描く展」半券提示の方と大学生100円、高校生以下無料

 

東京都美術館

DSC08461

世界的な人気の日本人画家「藤田嗣治」の展示をしている東京都美術館。

DSC08460

印刷物やテレビでは伝わらない、本物の乳白色の肌色を見ることができる貴重な機会です。

没後50年 藤田嗣治展

会期:2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)

休室日:月曜日、9月18日(火)、25日(火)

※ただし、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室

時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)

観覧料:当日券 一般 1,600円 、 大学・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円

 

おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

会期:2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)

休室日:月曜日、9月18日(火)、25日(火)

※ただし、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室

時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)

観覧料:当日券 一般 800円 、 大学・専門学校生 400円、65歳以上 500円

 

DSC08459

公募展示室関連はこちらの通りです。

 

その他

DSC08462

シャンシャン人気もひと段落の上野動物園。園内を覗くと、子供たちで溢れていました。

Related posts:

  1. 東京国立博物館で開催中の「縄文展」が今週末で終了になります。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は7/3より東京国立博物館で開催されている特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が今週末で終了になります。 来場者数も20万人を超える人気の展覧会となっており、今日もチケットを買う人が [...]…
  2. 国立科学博物館で9/4より企画展『標本づくりの技(ワザ)』が始まりました。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は9/4より国立科学博物館で開催されている企画展『標本づくりの技(ワザ)』です。 博物館が収集した自然物や科学技術の産物などの「モノ」は「標本化」という手順を、科学技術資料は整理 [...]…
  3. 東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)から「茶境 第6回国際茶文化交流展」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)より『茶境 第6回国際茶文化交流展』が開催されます。 中国、韓国、日本の3カ国によってお茶というキーワードをテーマにした、展覧会、シンポ [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)から「茶境 第6回国際茶文化交流展」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日ピックアップする展覧会は東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)より『茶境 第6回国際茶文化交流展』が開催されます。

中国、韓国、日本の3カ国によってお茶というキーワードをテーマにした、展覧会、シンポジウム、茶会の構成になっており、それぞれの国が時代を超えて受け継いできたお茶の文化を紹介します。

 


▲本日の各施設のイベント情報


東京藝術大学大学美術館


茶境 第6回国際茶文化交流展

会期 2018年8月18日(土) – 8月23日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階・2階
観覧料 無料


東京藝術大学 日本画第一研究室 発表展

会期 2018年8月29日(水) – 9月11日(火)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


上野動物園


両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


東京国立博物館

 

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。

会期 2018年7月3日(火)~2018年9月2日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン
「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることを紹介します。

会期 2018年9月4日(火)~ 2018年9月30日(日)
会場 東京国立博物館 東洋館
時間 9:30 ~ 17:00(金・土曜日は21:00まで、日曜日・祝日は18:00まで、9月21日(金)・22日(土)は22時まで 入館は閉館の30分前まで)


明治150年記念 書と絵が語る明治

会期 2018年7月10日(火)~2018年9月2日(日)
会場 本館 特別1室・特別2室


★各種催し物情報★


親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

2018年夏休みは、NHK Eテレ「びじゅチューン!」とのコラボレーション企画。
「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」や「見返り美人図」、「麗子微笑」など、「びじゅチューン!」で歌になったトーハク所蔵のびじゅつ作品の複製や映像を使った体験型展示を行います。

【日程】2018年7月24日(火) ~ 2018年9月9日(日)


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

第31回日本の自然を描く展

会期 8月9日 (木) ~ 8月28日 (火)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 一般500円、 大高生300円、中学生以下無料


上野の森美術館所蔵近代版画展

会期 8月17日 (金) ~8月28日 (火)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 一般200円、開催中の「日本の自然を描く展」半券提示の方と大学生100円、高校生以下無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第66回 平和美術展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 ロビー階 第3・4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、書、日本画、写真、水墨画、彫塑・立体、工芸、版画、インスタレーション
観覧料 一般700円(500円 ) ※()内は団体料金(10名以上)
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第14回 世界絵画大賞展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、版画、水墨画、ミクストメディア、コラージュ
観覧料 一般300円、大学生200円高校生
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第21回 JAALA国際交流展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 2階 第4展示室
展示内容 油彩画、日本画、彫塑・立体、水墨画、水彩画、版画、写真、工芸、映像、パフォーマンスほか
観覧料 一般500円(300円 ) ※()内は団体料金(10名以上)大学生・高校生300円
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


★イベント情報★


「没後50年 藤田嗣治展」記念講演会

本展学術協力者をはじめ、研究者らがそれぞれのテーマで講演します。
【日時】2018年8月18日(土) 14:00~15:30
【テーマ】「藤田嗣治展入門―旅と制作」
【場所】東京都美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


国立科学博物館

 

特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


8/18(土) 2018 第858回天文学普及講演

2018 研究者によるディスカバリートーク
・いろいろな貝のはなし
・巨大なアンモナイトの話

8/19(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・古~い植物標本から見る昔の東京
・隕石と太陽系

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


ミケランジェロと理想の身体 講演会

国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行います。

ルネサンス期のローマ:古代彫刻の街 日時:2018年9月8日(土)14:00~15:30
飯塚隆(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて8/5(日)「トーハクキッズデー」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 8月に入り、上野公園には夏休みの子供達の姿が沢山見られました。 そんな子供達にぴったりのイベントが東京国立博物館で8/5(日)に開催される『トーハクキッズデー』です。 親子で楽しめる親と子のギャラ [...]…
  2. 国立科学博物館にて7/13(金)より特別展「昆虫」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立科学博物館にて7/13(金)から開催される特別展『昆虫』です。 インパクト大のポスターで楽しそうな展覧会になっていそうな雰囲気。 昆虫の生態や機能、他の生物との関わ [...]…
  3. 上野動物園にて8/10(金)から「真夏の夜の動物園」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 来週はお盆休みという方も多いかと思いますが、この時期恒例のイベントが上野動物園で行われる『真夏の夜の動物園』です。 開園時間を3時間延長して、様々なイベントを開催。 大人の人にはビアガーデンもある [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野動物園にて8/10(金)から「真夏の夜の動物園」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

来週はお盆休みという方も多いかと思いますが、この時期恒例のイベントが上野動物園で行われる『真夏の夜の動物園』です。

開園時間を3時間延長して、様々なイベントを開催。
大人の人にはビアガーデンもあるので、親子で楽しめます。

いつもとは違う雰囲気の動物園で夕涼みはいかがでしょうか。

 


▲本日の各施設のイベント情報


上野動物園


真夏の夜の動物園
開園時間を3時間延長して20時まで開園する「真夏の夜の動物園」を開催。昼間には見られない夜の動物たちの知られざる姿の観察や、園内の豊かな自然の中での夕涼みなど、夜ならではの雰囲気のもとで動物園を楽しめます。
その他にも、「世界ゾウの日」(8月12日)に合わせた特別企画や、夜空の下で聴く「旬の動物情報」にまつわるスペシャルトークなど、この期間限定のイベントを開催するとともに、恒例となった不忍池テラスで
のビアガーデンも実施します。
日時 8月10日(金)~8月16日(木)、20時まで開園時間を延長(入園は19時まで)
※朝の開園時間は通常どおり9時30分です。また、期間中に休園日はありません。
主な動物や展示施設の観覧延長時間
  西園 東園
~16:00   ニシゴリラ
~16:30 しのばずラボ
~18:00 ワオキツネザル、モルモット、ウサギ ホッキョクグマ、マレーグマ
~18:30 シマウマ ワシ・タカ、ジャイアントパンダ(母子)
~19:00 オグロプレーリードッグ、バードハウス(2階)
~19:20 スマトラトラ、インドライオン、キジ、ハト、カワウソ
~19:30 アイアイ バードハウス(1階)、夜の森、エゾシカ
~19:45 アメリカバク、ジャイアントパンダ(オス)
~19:50 小獣館、キリン、オカピ、サイ、カバ、両性爬虫類館
飲食施設・ギフトショップの営業延長時間 1.オープンビアガーデン(西園・不忍池テラス)
【カフェカメレオン9時30分~19時30分
※テラス席は20時までご利用いただけます。

2.屋内ホール席併設 飲食売店(西園・小獣館前)
【西園無料休憩所】10時~19時
※屋内ホール席は20時まで

3.ファストフードショップ(東園・藤棚休憩所)
【バードソング】9時30分~19時
※藤棚テラス席は20時まで

4.ギフトショップ
【東園:リトルトランク】9時30分~20時
【西園:プチカメレオン】9時30分~20時


◆特別イベント
ゾウはかせになろう
ゾウの標本やエサなどを展示して、飼育係がゾウの生態や生息地が直面している問題について解説します。
日時 8月10日(金)、12日(日)、14日(火)、16日(木)17時~18時
場所 東園 ゾウ舎
真夏の夜のおすすめトーク
飼育係をはじめとする動物園のスタッフならではの視点で、「旬の動物情報」にまつわるスペシャルトークを行います。
日時 8月12日(日)、13日(月)、14日(火)18時30 分~19時[雨天中止]
場所 東園 藤棚休憩所
音楽の夕べ
夕涼みをしながら生の演奏に浸れる音楽ライブを開催。水面を渡る涼風が心地よい環境で、クールな音楽をお楽しみください。
日時及び出演者 8月11日(土・祝)18時30分~19時40分
酒井一郎トリオ(ジャズ)

12日(日)18時30分~19時40分
マンネン プラネット バンド(トロビカル・ラウンジインスト)

13日(月)18時30分~19時40分
エル・コンドル(ケーナセッション)

場所 西園 不忍池テラス
ナショジオ 夜のどうぶつシアター
知的好奇心を刺激するドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」の野外上映会を行います。
日時及び上映作品 8月14日(火)18時30分~19時30分
「アメリカ~国立公園を巡る旅:イエローストーン国立公園」

15日(水)18時30分~19時30分
「知られざるカエルの世界」

16日(木)18時30分~19時30分
「動物の赤ちゃん物語~森に生まれて」

場所 西園 不忍池テラス
ねお・かもしか座
「かもしか座」とは、過去に恩賜上野動物園の園内に実在した映画館です。今回、半世紀前の貴重な動物園フィルム映像をはじめ、都立動物園・水族園4園の短編映像を上映するイベントとして、野外上映形式でねお・かもしか座を実施します。
日時 8月10日(金)~15日(水)18時30分~19時30分[雨天中止]
場所 西園 子ども動物園すてっぷ すてっぷ館前

両生爬虫類館特設展示 ミヲマモル ─ Dr. ペトルの秘密倉庫 ─
両生類・爬虫類のさまざまな「身の守りかた」について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説する特設展示。

期間 3月26日(月)~12月28日(金)
場所 西園 両生爬虫類館


(公財)東京動物園協会提供


東京国立博物館

 

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。

会期 2018年7月3日(火)~2018年9月2日(日)
会場 東京国立博物館 平成館 特別展示室
時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金


明治150年記念 書と絵が語る明治

会期 2018年7月10日(火)~2018年9月2日(日)
会場 本館 特別1室・特別2室


★各種催し物情報★


親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

2018年夏休みは、NHK Eテレ「びじゅチューン!」とのコラボレーション企画。
「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」や「見返り美人図」、「麗子微笑」など、「びじゅチューン!」で歌になったトーハク所蔵のびじゅつ作品の複製や映像を使った体験型展示を行います。

【日程】2018年7月24日(火) ~ 2018年9月9日(日)


(C)2004-2015 Tokyo National Museum.


上野の森美術館

第31回日本の自然を描く展

会期 8月9日 (木) ~ 8月28日 (火) (火)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 一般500円、 大高生300円、中学生以下無料


セレクション展2018

会期 8月9日 (木) ~ 8月15日 (水)
開館時間 10:00~17:00
観覧料 無料


(C)The Ueno Royal Museum.


東京都美術館



没後50年 藤田嗣治展
「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。
史上最大級の大回顧展

没後50年の節目の機会に相応しく、史上最大級の規模で、精選された作品100点以上を展示。

会期 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円


おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
日本独自の食文化である「お弁当」と食べることのコミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめ、子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会。

会期 2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
休室日 月曜日、9月18日(火)、25日(火)
※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 800円 / 大学生・専門学校生 400円 / 65歳以上 500円


第66回 平和美術展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 ロビー階 第3・4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、書、日本画、写真、水墨画、彫塑・立体、工芸、版画、インスタレーション
観覧料 一般700円(500円 ) ※()内は団体料金(10名以上)
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第14回 世界絵画大賞展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 1階 第4展示室
展示内容 油彩画、水彩画、日本画、版画、水墨画、ミクストメディア、コラージュ
観覧料 一般300円、大学生200円高校生
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


第21回 JAALA国際交流展

会期 8月14日(火)~8月21日(火)
展示室 2階 第4展示室
展示内容 油彩画、日本画、彫塑・立体、水墨画、水彩画、版画、写真、工芸、映像、パフォーマンスほか
観覧料 一般500円(300円 ) ※()内は団体料金(10名以上)大学生・高校生300円
学生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名)無料


★イベント情報★


トビカン・ヤカン・カイカン・ツアー

ライトアップされた東京都美術館を散策するツアーです。アート・コミュニケータ(とびラー)がガイドを務め、素敵なツアーにご案内いたします。
【日時】2018年8月17日(金) 19:30~20:00頃
【集合場所】東京都美術館 ミュージアムショップ前

(C)2010-2015 TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM.


国立科学博物館

 

 

特別展「昆虫」

昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介。
昆虫の生態、多様性や他の生物との関わりなど、幅広い視点からその魅力に迫ります。

会期 2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
開館時間 9時~17時(金・土曜は20時まで)
※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は18時まで
観覧料 一般・大学生 当日券:1,600円
小・中・高校生 当日券:600円
金曜土曜限定 ペア得ナイト券 2名1組 2,000円


標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-

標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、国立科学博物館の動物・植物・地学・人類・理工学の5研究部ごとに紹介。

会期 9月4日(火)~11月25日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
(金・土曜日及び10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで) *入館は各閉館時刻の30分前まで
観覧料 一般・大学生:620円(団体500円)
高校生以下および65歳以上:無料


8/11(土)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・3万年前の大航海-謎はどこまで解けたか?
・カビやきのこの進化をさぐる

8/12(日)

2018 研究者によるディスカバリートーク
・チョウとガはどこがちがうか
・化学遺産:櫻井錠二

(C)2008 National Museum of Nature and Science.


国立西洋美術館


ミケランジェロと理想の身体

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作2点が来日。
ミケランジェロの彫刻作品が所蔵元を離れるというのは、ただそれだけで大事件。それほど貴重な作品が、2点同時にやって来ます。
真のミケランジェロ芸術に出会うことのできる、日本で初めての展覧会です。

会期 2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)
休館日 月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分~午後9時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円


ミケランジェロと理想の身体 講演会

国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行います。

ミケランジェロと古代美術 日時:2018年8月11日(土・祝)14:00~15:30
青柳正規(山梨県立美術館 館長、東京大学名誉教授)
ルネサンス期のローマ:古代彫刻の街 日時:2018年9月8日(土)14:00~15:30
飯塚隆(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
定員 各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。


美術トーク

ボランティアスタッフによるギャラリートークです。常設展示室の作品5~7点を、初めて来館する方も気軽に楽しめるよう一緒に鑑賞していきます。

日時 第1・第3・第5土曜日
および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~(約50分)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 当日、直接集合場所にお集まりください。
(本館常設展示室19世紀ホール内)


建築ツアー

フランスの建築家、ル・コルビュジエによって設計された本館や前庭を、建築に詳しくない方も楽しめるよう、スタッフが一緒に歩きながら案内します。

日時 第2・第4水曜・日曜日(開館時)
15:00~(約50分)
定員 各回20名(先着順)
料金 無料。常設観覧券が必要です。
参加方法 事前の申し込みが必要です。
事前申込フォーム


(C)2014 独立行政法人国立美術館国立西洋美術館.


東京藝術大学大学美術館



1940’s フジタ・トリビュート

会期 2018年7月28日(土) – 8月15日(水)
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階・2階
観覧料 無料


茶境 第6回国際茶文化交流展

会期 2018年8月18日(土) – 8月23日(木)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階・2階
観覧料 無料


東京藝術大学 日本画第一研究室 発表展

会期 2018年8月29日(水) – 9月11日(火)
午前10時 – 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階
観覧料 無料


(C)東京藝術大学大学美術館 The University Art Museum – Tokyo University of the Arts.


東京文化会館

公演情報の詳細はコチラ♪


Related posts:

  1. 東京国立博物館にて8/5(日)「トーハクキッズデー」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 8月に入り、上野公園には夏休みの子供達の姿が沢山見られました。 そんな子供達にぴったりのイベントが東京国立博物館で8/5(日)に開催される『トーハクキッズデー』です。 親子で楽しめる親と子のギャラ [...]…
  2. 東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)から「茶境 第6回国際茶文化交流展」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は東京藝術大学大学美術館にて8/18(土)より『茶境 第6回国際茶文化交流展』が開催されます。 中国、韓国、日本の3カ国によってお茶というキーワードをテーマにした、展覧会、シンポ [...]…
  3. 国立科学博物館にて7/13(金)より特別展「昆虫」が開催されます。 上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日ピックアップする展覧会は国立科学博物館にて7/13(金)から開催される特別展『昆虫』です。 インパクト大のポスターで楽しそうな展覧会になっていそうな雰囲気。 昆虫の生態や機能、他の生物との関わ [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
Page 1 of 4112345»102030...Last »

ホーム > 上野美術館・博物館情報

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2018.10
日月火水木金土
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018.11
日月火水木金土
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

施設別情報

国立西洋美術館

上野の森美術館

Search
Feeds
Meta