Home > Archives > 2014-10

2014-10

国立科学博物館『ヒカリ展』が始まりました!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

今日の上野公園はすっきりと晴れ渡り、日の光が暖かく快適な陽気でした。

噴水前広場では10/30(木)~11/3(月・祝)まで『創エネ・あかりパーク2014』が開催されます。レーザーパフォーマンスやヘブンアーティストによるステージプログラムが行われ、幻想的な空間が楽しめるようです。

展覧会の方ではヒカリの展示が開催されています。
国立科学博物館では10/28より『ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!』が始まりました。この冬は素敵なヒカリに包まれながら美しい光の世界を探求してください。

ガイドネットでは『ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 』の招待券をプレゼント中です。11/16まで応募期間がありますので、どしどしとご応募ください。
詳細・招待券の応募はこちらより

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立科学博物館

ヨシモトコレクションの世界

大型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。「ヨシモトさん」がいかなる人物なのか、そして全て寄贈されることになった経緯などを紹介します。

会期 2014年 10月15日(水)~2015年 1月18日(日)
開館時間 9:00~17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜日は20時まで延長開館
観覧料 一般・大学生:620円
高校生以下・65歳以上:無料

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!

「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会。

会期 2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜日は午後8時まで。ただし、1月2日(金)は午後5時まで。
※特別開館延長 11月1日(土)・2日(日)は午後8時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
観覧料 一般・大学生:1,600円
小・中・高校生:600円

★展覧会詳細


企画展美しき機能材料 人工結晶

日本結晶成長学会が収集し、国立科学博物館にて保管されている標本をはじめ、歴史的に貴重な人工結晶を公開します。

会期 2014年10月28日(火)~2015年1月12日(月・祝)
開館時間 午前9時~午後5時、金曜日は午後8時まで
※ただし、1月2日(金)は午後5時まで。入館は閉館時刻の30分前まで。
観覧料 一般・大学生:620円(団体310円)
高校生以下および65歳以上は無料


★イベント情報★

11/1(土)

研究者によるディスカバリートーク
・◆ライト◆火山の話 実施フロア:地球館3F講義室
・紅葉のしくみを探る 実施フロア:地球館3F講義室

11/2(日)

研究者によるディスカバリートーク
・日本の海生哺乳類化石ー髭鯨(ひげくじら)の仲間ー
・「新種」って何?  実施フロア:地球館3F講義室


上野の森美術館

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
浮世絵師葛飾北斎の作品約140点を世界屈指の日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の名品のなかから紹介します。

会期 9月13日 (土) ~11月9日 (日)
開館時間 10:00 – 17:00(金曜日のみ20:00まで)
観覧料 当日券: 一 般¥1,500 / 大高生¥1,200 / 中小生 ¥500

★展覧会詳細


東京国立博物館

東アジアの華 陶磁名品展
日本、中国、韓国の3ヵ国の国立博物館が合同で実施する初めての国際共同企画展。

会期 2014年9月20日(土) ~ 2014年11月24日(月)
休館日 月曜日
(ただし10月13日(月・祝)、11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および、10月4日(土)、5日(日)、11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、10月10日(金)、11日(土)は22:00まで、土・日、祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
総合文化展観覧料でご覧いただけます。


日本国宝展
国宝を通して、「祈りのかたち」に見られる日本文化形成の精神を見つめ直す壮大な試みです。まさに「日本文化の粋」が集結する展覧会となります。

会期 2014年10月15日(水) ~ 2014年12月7日(日)
休館日 月曜日
(ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、11月4日(火)、11月25日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日、および11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


第11回「台東区の伝統工芸職人展」~匠に学ぶ、伝統の技~
様々な分野の職人による製作実演とものづくり教室を行います。
下町の歴史と風土の中で育まれ受け継がれてきた、職人の本物の技と手作りのぬくもりにふれてください。

会期 2014年11月11日(火) ~ 2014年11月16日(日)
会場 表慶館-1階
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
※開館時間延長等に関わらず、伝統工芸職人展は17:00までとなります。
観覧料 無料(ただし当日の入館料は必要です)


東京都美術館

ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで
ボッティチェリ作品を多数紹介するほか、アンドレア・デル・サルトやポントルモ、ブロンヅィーノら、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点に及ぶ作品を通じて、豊かで多様なフィレンツェ・ルネサンスの真髄に迫ります。

会期 2014年10月11日(土) ~ 12月14日(日)
休室日 月曜日、11月4日(火)・25日(火)
ただし、10月13日[月・祝]・27日[月]、11月3日[月・祝]・24日[月・休]は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

★展覧会詳細


国立西洋美術館

日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展

日本ではおよそ40年ぶりに開催される 最大規模の回顧展となります。ベルン美術館をはじめ、スイスの主要な美術館と個人が所蔵する油彩、素描など約100点により、ホドラーの芸術の全貌に迫る、またとない機会となります。

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


【新館 版画素描展示室】
ネーデルラントの寓意版画

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「フェルディナント・ホドラー展」の観覧券でご覧いただけます。


東京藝術大学大学美術館

iichikoデザイン30年展 【予告】

会期 2014年11月13日(木)- 11月26日(水)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料 無料


国立国会図書館国際子ども図書館

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介します。


上野動物園

文化財ウィーク特別ガイドツアー「天然記念物の動物たち」
日時 10/31(金)
11時~11時45分 ※雨天決行
集合場所 東園パンダ舎横のガイドツアー集合看板前
参加方法 参加希望者は開始時間までに集合場所へお越し下さい
内容 天然記念物に指定されている動物を巡りながら、それぞれの姿や暮らしぶりを観察していきます。文化財としての重要性を認められたいきさつや野生での現状などについても話ます。この機会に日本の自然に目を向けてみてください。


「第15回ライチョウ会議東京大会」開催
シンポジウム「ライチョウのために動物園ができること」参加者募集
日時 平成 26 年11 月2日(日)
13 時~16 時30 分
場所 東京国立博物館平成大講堂
内容 基調 講演 「ライチョウ 」とはどんな鳥なのか? -現状と課題と課題- 小林 篤(東邦大学理学部)

基調 講演 「飼って増やす動物園での取り組み」 堀 秀正 (恩賜上野動物園東園飼育展示係長 )

応募 専用応募フォーム
URL:https://www.tokyo-zoo.net/event/raicho2014/

応募締切:平成 26 年10 月18 日(土)


「大人のための動物園・水族園講座」開催
16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
半日講座:動物園・水族園での観察法や楽しみ方、役割などについて紹介
日時 11月26日(水)・11月27日(木)・11月28日(金)
9時30分~12時
テーマ 動物園の楽しみ方
定員 各日20名


16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
1日講座:1つのテーマに沿って詳しく観察・研究する体験を通して、その魅力に迫ります
日時 11月25日(火)
9時30分~15時
テーマ 鳥のくちばし大研究
定員 各日15名

【応募方法】
往復はがきに参加希望テーマ・希望日・参加者全員の氏名・年齢・代表者の住所・電話番号を返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、「大人ののための講座係」に申し込んでください。

締切:11月13日(木)消印有効

あて先:恩賜上野動物園 〒110-8711台東区上野公園9-83 大人のための講座係

(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

6月より改装工事中


Related posts:

  1. 国立科学博物館『ヒカリ展』が2/22(日)で終了!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は快晴でいい天気になり、観光客や家族でのんびりと散歩するなど多くの方が訪れていました。 木の上にはうぐいすかは不明ですが、小鳥も観察でき春が近づいているのを感じます。 [...]…
  2. 国立科学博物館『太古の哺乳類展』が10/5で終了  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 また、台風が日本に近づいて来ているようです。勢力が強いみたいで少し心配ですね。その影響かはわかりませんが、上野公園はやや湿気があり、歩いていると汗ばんできました。 さて、美術館情報ですが国立科学博物館で開 [...]…
  3. 国立科学博物館「太古の哺乳類」展が始まりました  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 夏休みまであと少し。休み期間は上野公園も沢山の人で賑わいます。国立科学博物館ではいよいよ『太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―』展が始まりました。小学生の知的好奇心を刺激する約170点の展示品と共に太古 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

上野の森美術館『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』が大好評!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

芸術の秋は美術館・博物館が集まる上野へ出かけてみてはいかがですか。
イベントや大道芸のパフォーマンスなど楽しめる事がたくさんありますよ。

10/23からは第12回さつき盆栽『錦秋展』が噴水前広場で行なわれています。盆栽の見事さに目を奪われてしまいます・・・。

美術館情報ですが、上野の森美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』が人気になっています。待ち時間が50分となっており、混雑必至です。

ガイドネットでは今週も招待券のプレゼント情報があります。
10/28より国立科学博物館で開催する『ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 』の招待券をプレゼントします。
詳細・招待券の応募はこちらより

また、現在開催中の『日本国宝展』の招待券プレゼント実施中。締切が迫っていますのでお早めにどうぞ。
詳細・招待券の応募はこちらより

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


上野の森美術館


▲50分待ちの人気ぶりです

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
浮世絵師葛飾北斎の作品約140点を世界屈指の日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の名品のなかから紹介します。

会期 9月13日 (土) ~11月9日 (日)
開館時間 10:00 – 17:00(金曜日のみ20:00まで)
観覧料 当日券: 一 般¥1,500 / 大高生¥1,200 / 中小生 ¥500

★展覧会詳細


東京国立博物館

東アジアの華 陶磁名品展
日本、中国、韓国の3ヵ国の国立博物館が合同で実施する初めての国際共同企画展。

会期 2014年9月20日(土) ~ 2014年11月24日(月)
休館日 月曜日
(ただし10月13日(月・祝)、11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および、10月4日(土)、5日(日)、11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、10月10日(金)、11日(土)は22:00まで、土・日、祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
総合文化展観覧料でご覧いただけます。


日本国宝展
国宝を通して、「祈りのかたち」に見られる日本文化形成の精神を見つめ直す壮大な試みです。まさに「日本文化の粋」が集結する展覧会となります。

会期 2014年10月15日(水) ~ 2014年12月7日(日)
休館日 月曜日
(ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、11月4日(火)、11月25日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日、および11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


第11回「台東区の伝統工芸職人展」~匠に学ぶ、伝統の技~
様々な分野の職人による製作実演とものづくり教室を行います。
下町の歴史と風土の中で育まれ受け継がれてきた、職人の本物の技と手作りのぬくもりにふれてください。

会期 2014年11月11日(火) ~ 2014年11月16日(日)
会場 表慶館-1階
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
※開館時間延長等に関わらず、伝統工芸職人展は17:00までとなります。
観覧料 無料(ただし当日の入館料は必要です)


国立科学博物館

ヨシモトコレクションの世界

大型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。「ヨシモトさん」がいかなる人物なのか、そして全て寄贈されることになった経緯などを紹介します。

会期 2014年 10月15日(水)~2015年 1月18日(日)
開館時間 9:00~17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜日は20時まで延長開館
観覧料 一般・大学生:620円
高校生以下・65歳以上:無料

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 【予告】

「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会。

会期 2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜日は午後8時まで。ただし、1月2日(金)は午後5時まで。
※特別開館延長 11月1日(土)・2日(日)は午後8時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
観覧料 一般・大学生:1,600円
小・中・高校生:600円

★展覧会詳細


★イベント情報★

10/25(土) 産業技術史講座(上野本館で開催)
イオン交換樹脂技術の歴史 ~超純水の製造や、医薬品、お砂糖を作るときにも大活躍!~

研究者によるディスカバリートーク
・隕石と太陽系  実施フロア:地球館2F
・生物多様性の中心・フィリピンの海  実施フロア:地球館2F

10/26(日) 自然史セミナー
・スルメイカの体の仕組みを探る

研究者によるディスカバリートーク
・◆プラス◆哺乳類の進化 実施フロア:地球館地下2F
・◆プラス◆クジラ・イルカの生物学  実施フロア:地球館3F講義室


東京都美術館

ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで
ボッティチェリ作品を多数紹介するほか、アンドレア・デル・サルトやポントルモ、ブロンヅィーノら、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点に及ぶ作品を通じて、豊かで多様なフィレンツェ・ルネサンスの真髄に迫ります。

会期 2014年10月11日(土) ~ 12月14日(日)
休室日 月曜日、11月4日(火)・25日(火)
ただし、10月13日[月・祝]・27日[月]、11月3日[月・祝]・24日[月・休]は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

★展覧会詳細


国立西洋美術館

日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展

日本ではおよそ40年ぶりに開催される 最大規模の回顧展となります。ベルン美術館をはじめ、スイスの主要な美術館と個人が所蔵する油彩、素描など約100点により、ホドラーの芸術の全貌に迫る、またとない機会となります。

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


【新館 版画素描展示室】
ネーデルラントの寓意版画

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「フェルディナント・ホドラー展」の観覧券でご覧いただけます。


東京藝術大学大学美術館

台灣の近代美術-留学生たちの青春群像(1895-1945)

台湾からの留学生の主要な作品約50点を東京藝術大学大学美術館に集めて、留学生たちの軌跡と台湾における近代美術の展開を紹介することを試みます。

会期 2014年9月12日(金)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3
観覧料 無料
休館日 月曜日(ただし9月15日、10月13日は開館)、9月16日(火)、10月14日(火)


第5回企業のデザイン展 花王株式会社 「にほんのきれいのあたりまえ」

会期 2014年10月4日(土)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後7時 (入館は午後6時30分まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


国立国会図書館国際子ども図書館

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介します。


上野動物園

パンダの日「パンダに関するクイズラリーとトークイベント」開催
◆歴代パンダ映像上映
日時 10/26(日)10時~15時
場所 東園 総合案内所オーロラビジョン
内容 ランラン・カンカンからリーリー・シンシンまで上野動物園で暮らしたパンダの映像を上映します。
◆トークイベント「上野動物園で飼育したパンダたち」
日時 10/26(日)15時~16時
場所 東園 総合案内所前特設会場
内容 上野動物園で飼育した歴代パンダの映像をオーロラビジョンで上映しながら、当時の飼育担当者がパンダの話題を語ります。
◆クイズラリー
日時 10/26(日)13時30分~14時30分
場所 スタート:総合案内所
ゴール:サーラータイ(パンダ舎出口付近)
内容 初代パンダのランラン・カンカンに関係したクイズをパンダ舎周辺4ヶ所で出題します。参加の方には記念品を差し上げます。


「第15回ライチョウ会議東京大会」開催
シンポジウム「ライチョウのために動物園ができること」参加者募集
日時 平成 26 年11 月2日(日)
13 時~16 時30 分
場所 東京国立博物館平成大講堂
内容 基調 講演 「ライチョウ 」とはどんな鳥なのか? -現状と課題と課題- 小林 篤(東邦大学理学部)

基調 講演 「飼って増やす動物園での取り組み」 堀 秀正 (恩賜上野動物園東園飼育展示係長 )

応募 専用応募フォーム
URL:https://www.tokyo-zoo.net/event/raicho2014/

応募締切:平成 26 年10 月18 日(土)


「大人のための動物園・水族園講座」開催
16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
半日講座:動物園・水族園での観察法や楽しみ方、役割などについて紹介
日時 11月26日(水)・11月27日(木)・11月28日(金)
9時30分~12時
テーマ 動物園の楽しみ方
定員 各日20名


16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
1日講座:1つのテーマに沿って詳しく観察・研究する体験を通して、その魅力に迫ります
日時 11月25日(火)
9時30分~15時
テーマ 鳥のくちばし大研究
定員 各日15名

【応募方法】
往復はがきに参加希望テーマ・希望日・参加者全員の氏名・年齢・代表者の住所・電話番号を返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、「大人ののための講座係」に申し込んでください。

締切:11月13日(木)消印有効

あて先:恩賜上野動物園 〒110-8711台東区上野公園9-83 大人のための講座係

(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

6月より改装工事中


Related posts:

  1. 上野の森美術館『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』が今週末で終了です!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 上野公園も少しづつ紅葉に染まりつつあり、公園の散策も気持ちがいいですね。季節は冬に向かって進んでいます。 さて、美術館では上野の森美術館で開催中の『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』がいよいよ今 [...]…
  2. 上野の森美術館『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』が9/13(土)より開催  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は時々強く雨が降り、人の数も少なめでした。地面を見るとどんぐりの実が沢山落ちており、秋の気配が近づいているのを感じます。 さて、観覧情報ですが上野の森美術館では『ボストン美術館浮世絵名品展  [...]…
  3. 上野の森美術館『進撃の巨人展』が明日より開催!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今日の上野公園は昨日とはうって変わって快晴の小春日和でした。昨日の雨でイチョウの葉も落ちて黄色い絨毯になっている所がいたる所にあり、紅葉も週末は見ごろを迎えそうです。 さて美術展情報で [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東京国立博物館『日本国宝展』が10/15よりスタート  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

朝・晩はだいぶ涼しく日に日に秋が深まってきました。
上野公園も芸術の秋ということで各美術館・博物館では特別展が始まってきました。

10/15より東京国立博物館では『日本国宝展』が始まりました。始まって間もないということもあり、場内は混雑しているようです。
日本文化の精神をこの展覧会を通して感じてください。

現在開催中の『日本国宝展』の招待券を抽選でプレゼントしています。是非応募してみてください。
詳細・招待券の応募はこちらより

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


東京国立博物館

東アジアの華 陶磁名品展
日本、中国、韓国の3ヵ国の国立博物館が合同で実施する初めての国際共同企画展。

会期 2014年9月20日(土) ~ 2014年11月24日(月)
休館日 月曜日
(ただし10月13日(月・祝)、11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および、10月4日(土)、5日(日)、11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、10月10日(金)、11日(土)は22:00まで、土・日、祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
総合文化展観覧料でご覧いただけます。


日本国宝展
国宝を通して、「祈りのかたち」に見られる日本文化形成の精神を見つめ直す壮大な試みです。まさに「日本文化の粋」が集結する展覧会となります。

会期 2014年10月15日(水) ~ 2014年12月7日(日)
休館日 月曜日
(ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、11月4日(火)、11月25日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日、および11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


東京都美術館

ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで
ボッティチェリ作品を多数紹介するほか、アンドレア・デル・サルトやポントルモ、ブロンヅィーノら、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点に及ぶ作品を通じて、豊かで多様なフィレンツェ・ルネサンスの真髄に迫ります。

会期 2014年10月11日(土) ~ 12月14日(日)
休室日 月曜日、11月4日(火)・25日(火)
ただし、10月13日[月・祝]・27日[月]、11月3日[月・祝]・24日[月・休]は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

★展覧会詳細


国立西洋美術館

日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展

日本ではおよそ40年ぶりに開催される 最大規模の回顧展となります。ベルン美術館をはじめ、スイスの主要な美術館と個人が所蔵する油彩、素描など約100点により、ホドラーの芸術の全貌に迫る、またとない機会となります。

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


【新館 版画素描展示室】
ネーデルラントの寓意版画

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「フェルディナント・ホドラー展」の観覧券でご覧いただけます。


上野の森美術館

※80名前後の人がならんでいます。人気があります。

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
浮世絵師葛飾北斎の作品約140点を世界屈指の日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の名品のなかから紹介します。

会期 9月13日 (土) ~11月9日 (日)
開館時間 10:00 – 17:00(金曜日のみ20:00まで)
観覧料 当日券: 一 般¥1,500 / 大高生¥1,200 / 中小生 ¥500

★展覧会詳細


東京藝術大学大学美術館

台灣の近代美術-留学生たちの青春群像(1895-1945)

台湾からの留学生の主要な作品約50点を東京藝術大学大学美術館に集めて、留学生たちの軌跡と台湾における近代美術の展開を紹介することを試みます。

会期 2014年9月12日(金)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3
観覧料 無料
休館日 月曜日(ただし9月15日、10月13日は開館)、9月16日(火)、10月14日(火)


平櫛田中コレクション―つくる・みる・あつめる―

会期 2014年9月23日(火・祝)- 10月19日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料
休館日 毎週月曜日、10月14日(火)
※ただし10月13日(月・祝)は開館


第5回企業のデザイン展 花王株式会社 「にほんのきれいのあたりまえ」

会期 2014年10月4日(土)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後7時 (入館は午後6時30分まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


国立科学博物館

ヨシモトコレクションの世界

大型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。「ヨシモトさん」がいかなる人物なのか、そして全て寄贈されることになった経緯などを紹介します。

会期 2014年 10月15日(水)~2015年 1月18日(日)
開館時間 9:00~17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜日は20時まで延長開館
観覧料 一般・大学生:620円
高校生以下・65歳以上:無料

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 【予告】

「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会。

会期 2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜日は午後8時まで。ただし、1月2日(金)は午後5時まで。
※特別開館延長 11月1日(土)・2日(日)は午後8時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
観覧料 一般・大学生:1,600円
小・中・高校生:600円

★イベント情報★

10/18(土) 企画展「ヨシモトコレクションの世界~W.T.ヨシモト氏の人生の軌跡を探る~」
上野の山文化ゾーンフェスティバル講演会シリーズ「国立科学博物館の至宝、ヨシモトコレクションの魅力を探る」

2014 天文学普及講演会
・天文ニュース解説
・赤外線で探る宇宙 -「あかり」の成果を中心に-

研究者によるディスカバリートーク
・日本館建物ガイド 実施フロア:日本館1F
・いろいろな貝のはなし  実施フロア:地球館2

10/19(日) 研究者によるディスカバリートーク
・◆ライト◆最新の古代DNA研究 実施フロア:地球館2F
・最新菌類ニュース  実施フロア:地球館2F


国立国会図書館国際子ども図書館

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介します。


上野動物園

「第15回ライチョウ会議東京大会」開催
シンポジウム「ライチョウのために動物園ができること」参加者募集
日時 平成 26 年11 月2日(日)
13 時~16 時30 分
場所 東京国立博物館平成大講堂
内容 基調 講演 「ライチョウ 」とはどんな鳥なのか? -現状と課題と課題- 小林 篤(東邦大学理学部)

基調 講演 「飼って増やす動物園での取り組み」 堀 秀正 (恩賜上野動物園東園飼育展示係長 )

応募 専用応募フォーム
URL:https://www.tokyo-zoo.net/event/raicho2014/

応募締切:平成 26 年10 月18 日(土)


「大人のための動物園・水族園講座」開催
16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
半日講座:動物園・水族園での観察法や楽しみ方、役割などについて紹介
日時 11月26日(水)・11月27日(木)・11月28日(金)
9時30分~12時
テーマ 動物園の楽しみ方
定員 各日20名


16歳以上に限定した「大人のための動物園・水族園講座」を開催します。
1日講座:1つのテーマに沿って詳しく観察・研究する体験を通して、その魅力に迫ります
日時 11月25日(火)
9時30分~15時
テーマ 鳥のくちばし大研究
定員 各日15名

【応募方法】
往復はがきに参加希望テーマ・希望日・参加者全員の氏名・年齢・代表者の住所・電話番号を返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、「大人ののための講座係」に申し込んでください。

締切:11月13日(木)消印有効

あて先:恩賜上野動物園 〒110-8711台東区上野公園9-83 大人のための講座係

(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

6月より改装工事中


Related posts:

  1. 東京国立博物館『日本国宝展』は混雑必至!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今日の上野公園は暖かく気持ちがいいです。紅葉になりつつある木々の絵や写真を撮っている人の姿が多く見られました。絵になる季節なのでしょうね。もう少しするとイチョウの葉も綺麗な黄色に染まってきます。 [...]…
  2. 東京国立博物館『日本国宝展』が12/7まで!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日は寒い為か上野公園の人手はあまり多くなかった感じがします。イチョウの葉も黄色になり落ち葉を清掃する方が忙しそうに働いていました。 噴水前の広場では『佐賀・長崎観光物産展』が行なわれており、お [...]…
  3. 東京国立博物館『東アジアの華 陶磁名品展』が終了間近!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今日の上野公園は曇りから冷たい雨に変わり、寒さが身にしみました。上野の森の葉も赤や黄色に変わり週末は落ち葉を踏みながら散策するのもいいかもしれませんね。 美術展情報では東京国立博物館で開催中の『 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立西洋美術館『フェルディナント・ホドラー展』が10/7よりスタート  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

本日の上野公園はやや曇りがちの天気です。風は涼しく観光や散歩をしている人の姿が多く見られました。また、噴水前広場では10/10より大陶器市が開催されます。台風による天気の影響が心配されますが、興味のある方は必見ですね。

さて、美術館情報ですが国立西洋美術館では10/7より『日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展』が始まりました。およそ40年ぶりに開催される最大規模の回顧展になるそうです。
芸術の秋にぴったりの展覧会だと思います。

また、東京都美術館で開催予定の『ウフィツィ美術館展』の招待券の応募をしています。応募期間の締切が迫っています。是非応募してみてください。
詳細・招待券の応募はこちらより

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立西洋美術館

日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展

日本ではおよそ40年ぶりに開催される 最大規模の回顧展となります。ベルン美術館をはじめ、スイスの主要な美術館と個人が所蔵する油彩、素描など約100点により、ホドラーの芸術の全貌に迫る、またとない機会となります。

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


【新館 版画素描展示室】
ネーデルラントの寓意版画

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「フェルディナント・ホドラー展」の観覧券でご覧いただけます。


東京都美術館

ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで 【予告】
ボッティチェリ作品を多数紹介するほか、アンドレア・デル・サルトやポントルモ、ブロンヅィーノら、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点に及ぶ作品を通じて、豊かで多様なフィレンツェ・ルネサンスの真髄に迫ります。

会期 2014年10月11日(土) ~ 12月14日(日)
休室日 月曜日、11月4日(火)・25日(火)
ただし、10月13日[月・祝]・27日[月]、11月3日[月・祝]・24日[月・休]は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

★展覧会詳細


上野の森美術館

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
浮世絵師葛飾北斎の作品約140点を世界屈指の日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の名品のなかから紹介します。

会期 9月13日 (土) ~11月9日 (日)
開館時間 10:00 – 17:00(金曜日のみ20:00まで)
観覧料 当日券: 一 般¥1,500 / 大高生¥1,200 / 中小生 ¥500

★展覧会詳細


東京国立博物館

東アジアの華 陶磁名品展
日本、中国、韓国の3ヵ国の国立博物館が合同で実施する初めての国際共同企画展。

会期 2014年9月20日(土) ~ 2014年11月24日(月)
休館日 月曜日
(ただし10月13日(月・祝)、11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および、10月4日(土)、5日(日)、11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、10月10日(金)、11日(土)は22:00まで、土・日、祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
総合文化展観覧料でご覧いただけます。


アジアフェス in トーハク
東洋美術を楽しむ特別企画を開催します。さらにトーハクに来るだけで参加できるアジアを満喫「博物館でアジアの旅」イベントが開催されます。


日本国宝展 【予告】
国宝を通して、「祈りのかたち」に見られる日本文化形成の精神を見つめ直す壮大な試みです。まさに「日本文化の粋」が集結する展覧会となります。

会期 2014年10月15日(水) ~ 2014年12月7日(日)
休館日 月曜日
(ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、11月4日(火)、11月25日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日、および11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


東京藝術大学大学美術館

台灣の近代美術-留学生たちの青春群像(1895-1945)

台湾からの留学生の主要な作品約50点を東京藝術大学大学美術館に集めて、留学生たちの軌跡と台湾における近代美術の展開を紹介することを試みます。

会期 2014年9月12日(金)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3
観覧料 無料
休館日 月曜日(ただし9月15日、10月13日は開館)、9月16日(火)、10月14日(火)


平櫛田中コレクション―つくる・みる・あつめる―

会期 2014年9月23日(火・祝)- 10月19日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料
休館日 毎週月曜日、10月14日(火)
※ただし10月13日(月・祝)は開館


第5回企業のデザイン展 花王株式会社 「にほんのきれいのあたりまえ」

会期 2014年10月4日(土)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後7時 (入館は午後6時30分まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


国立科学博物館

ヨシモトコレクションの世界 【予告】

大型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。「ヨシモトさん」がいかなる人物なのか、そして全て寄贈されることになった経緯などを紹介します。

会期 2014年 10月15日(水)~2015年 1月18日(日)
開館時間 9:00~17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜日は20時まで延長開館
観覧料 一般・大学生:620円
高校生以下・65歳以上:無料

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 【予告】

「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会。

会期 2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
開館時間 午前9時~午後5時
※金曜日は午後8時まで。ただし、1月2日(金)は午後5時まで。
※特別開館延長 11月1日(土)・2日(日)は午後8時まで。
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
観覧料 一般・大学生:1,600円
小・中・高校生:600円

★イベント情報★

10/11(土) 地層と化石の観察会(2)

2014 化学実験講座
放射線を見る、数える

研究者によるディスカバリートーク
北海道のアンモナイト 実施フロア:日本館3F
昆虫ズームアップ!S2―5,6  実施フロア:地球館2F

10/12(日) 研究者によるディスカバリートーク
“力と運動の科学”の歴史 実施フロア:地球館3F講義室
極東ロシアのコケ植物調査 実施フロア:地球館3F講義室


国立国会図書館国際子ども図書館

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介します。


上野動物園

「第15回ライチョウ会議東京大会」開催
シンポジウム「ライチョウのために動物園ができること」参加者募集
日時 平成 26 年11 月2日(日)
13 時~16 時30 分
場所 東京国立博物館平成大講堂
内容 基調 講演 「ライチョウ 」とはどんな鳥なのか? -現状と課題と課題- 小林 篤(東邦大学理学部)

基調 講演 「飼って増やす動物園での取り組み」 堀 秀正 (恩賜上野動物園東園飼育展示係長 )

応募 専用応募フォーム
URL:https://www.tokyo-zoo.net/event/raicho2014/

応募締切:平成 26 年10 月18 日(土)


青森県下北半島紹介イベント
「第4回むつ市in上野動物園~北限のサルを訪ねて」
を開催します
北限のサルパネル展示
日時 平成 26年10月11日(土)10時~16時
10月12日(日)10時~14時
場所 東園 サル山前 特設テント
内容 北限のサルの野生での暮らしや下北半島で見られる他の野生動物をパネルで紹介します。


下北半島紹介コーナー
日時 平成 26年10月11日(土)10時~16時
10月12日(日)10時~14時
場所 東園 サル山前 特設テント
内容 北限のサルのふるさと下北半島むつ市を紹介するとともに、観光アンケート調査も行ないます。


北限のサル・ミニスポットガイド
日時 平成 26年10月11日(土)14時頃
10月12日(日)14時頃
場所 東園 サル山前
内容 上野動物園のサル山でくらす北限のサルを動物園スタッフが紹介します。

(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

6月より改装工事中


Related posts:

  1. 国立西洋美術館『フェルディナント・ホドラー展』が1/12をもって終了!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今年も週に1回上野公園・美術館・博物館情報をお届けします。 今日の上野公園は快晴。雲ひとつないいい天気でしたが、風が冷たくじっとしてはいられない感じですね。 美術館情報では、国立西洋美術館で開催中 [...]…
  2. 国立西洋美術館「橋本コレクション 指輪」展が始まりました  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は台風の影響により、晴れたり曇ったりと不安定な天気になっています。上野にある各美術館・博物館も特別展の谷間になっており、いつもより人手が少なく感じました。 不忍池では蓮も大きくなり花が咲くの [...]…
  3. 国立西洋美術館『グエルチーノ展』が3/3(火)より始まります!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日はあいにくの雨。最近は比較的暖かかったですが、今日はまた冬に戻ってしまいました。上野公園内は多くの植物が植えられていますが、桜並木の中に花が咲いている木に人が集まり写真を撮っているのが見え私も一緒に [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

国立科学博物館『太古の哺乳類展』が10/5で終了  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他

また、台風が日本に近づいて来ているようです。勢力が強いみたいで少し心配ですね。
その影響かはわかりませんが、上野公園はやや湿気があり、歩いていると汗ばんできました。

さて、美術館情報ですが国立科学博物館で開催中の『太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―』が10/5(日)で終了します。太古の哺乳類の主な化石標本・哺乳類の進化が分かる展示になっているので、お子様と一緒に週末出かけてみてはいかがですか。

東京都美術館で開催予定の『ウフィツィ美術館展』の招待券の応募をしています。お気軽にご応募下さい。
詳細・招待券の応募はこちらより

それでは、本日の美術館・博物館情報等をレポートします。


▲本日の各施設のイベント情報


国立科学博物館

太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―

10/5(日)で終了します。

約1億2000万年前から1万年前まで、日本に生息し今では絶滅して見ることのできない数々の哺乳類を多角的に紹介する展覧会。
これまでに日本で発掘されてきた太古の哺乳類の主な化石標本をもとに、哺乳類の進化と絶滅をわかりやすく紹介します。

会期 2014年7月12日 (土) ~ 10月5日 (日)
休館日 7月14日(月)
9月1日(月)、16日(火)、29日(月)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日は午後8時まで)

※入館は各閉館時刻の30分前まで

※夏休み特別開館延長:8月9日(土)~17日(日)
午前9時~午後6時。
ただし8月15日(金)は午後8時まで。

観覧料 一般・大学生 1,600円(1,400円)
小・中・高校生 600円(500円)

※( )内は前売および各20名様以上の団体料金

★展覧会詳細

特別展「太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―」のプレス内覧会の様子


ヨシモトコレクションの世界 【予告】

大型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。「ヨシモトさん」がいかなる人物なのか、そして全て寄贈されることになった経緯などを紹介します。

会期 2014年 10月15日(水)~2015年 1月18日(日)
開館時間 9:00~17:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜日は20時まで延長開館
観覧料 一般・大学生:620円
高校生以下・65歳以上:無料

★イベント情報★

10/3(金) 夜の天体観望公開
10/4(土) 研究者によるディスカバリートーク
◆プラス◆人類学から見た台湾の人たち
南の島の謎のきのこ達
10/5(日) 研究者によるディスカバリートーク
鉱山絵巻を読みとく「町でのお仕事1」 
鳥の子育て:ヒナたちを平等に育てるか?


東京都美術館

「楽園としての芸術」展 Art as a Haven of Happiness
「アトリエ・エレマン・プレザン」と「しょうぶ学園」という、知る人ぞ知る両アトリエの本格的な展覧会です。

会期中に作品が増えていく様子を、来館者は1枚のチケットで2回まで楽しむことができます。

会期 2014年7月26日(土)~10月8日(水)
休室日 月曜日、9月16日(火)  ※9月15日(月)、9月22日(月)は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 一般 800円 / 団体(20名以上) 600円 / 65歳以上 500円 / 学生 400円 / 高校生以下無料


ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで 【予告】
ボッティチェリ作品を多数紹介するほか、アンドレア・デル・サルトやポントルモ、ブロンヅィーノら、16世紀のフィレンツェ美術を牽引した主要な画家たちの約80点に及ぶ作品を通じて、豊かで多様なフィレンツェ・ルネサンスの真髄に迫ります。

会期 2014年10月11日(土) ~ 12月14日(日)
休室日 月曜日、11月4日(火)・25日(火)
ただし、10月13日[月・祝]・27日[月]、11月3日[月・祝]・24日[月・休]は開室
開室時間 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料 当日券 | 一般 1,600円 / 学生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

★展覧会詳細


上野の森美術館

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
浮世絵師葛飾北斎の作品約140点を世界屈指の日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の名品のなかから紹介します。

会期 9月13日 (土) ~11月9日 (日)
開館時間 10:00 – 17:00(金曜日のみ20:00まで)
観覧料 当日券: 一 般¥1,500 / 大高生¥1,200 / 中小生 ¥500

★展覧会詳細


国立西洋美術館

日本・スイス国交樹立150周年記念 フェルディナント・ホドラー展 【予告】

日本ではおよそ40年ぶりに開催される 最大規模の回顧展となります。ベルン美術館をはじめ、スイスの主要な美術館と個人が所蔵する油彩、素描など約100点により、ホドラーの芸術の全貌に迫る、またとない機会となります。

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
観覧料 当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円


【新館 版画素描展示室】
ネーデルラントの寓意版画 【予告】

会期 2014年10月7日(火)~2015年1月12日(月・祝)
休館日 月曜日
(ただし、10月13日、11月3日、11月24日は開館、翌火曜日休館)、12月28日~1月1日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「フェルディナント・ホドラー展」の観覧券でご覧いただけます。


東京国立博物館

東アジアの華 陶磁名品展
日本、中国、韓国の3ヵ国の国立博物館が合同で実施する初めての国際共同企画展。

会期 2014年9月20日(土) ~ 2014年11月24日(月)
休館日 月曜日
(ただし10月13日(月・祝)、11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、10月14日(火)、11月4日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および、10月4日(土)、5日(日)、11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、10月10日(金)、11日(土)は22:00まで、土・日、祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
総合文化展観覧料でご覧いただけます。


アジアフェス in トーハク
東洋美術を楽しむ特別企画を開催します。さらにトーハクに来るだけで参加できるアジアを満喫「博物館でアジアの旅」イベントが開催されます。


日本国宝展 【予告】
国宝を通して、「祈りのかたち」に見られる日本文化形成の精神を見つめ直す壮大な試みです。まさに「日本文化の粋」が集結する展覧会となります。

会期 2014年10月15日(水) ~ 2014年12月7日(日)
休館日 月曜日
(ただし11月3日(月・祝)、11月24日(月・休)は開館、11月4日(火)、11月25日(火)は休館)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日、および11月1日(土)、2日(日)は20:00まで、土・日・祝休日は18:00まで開館)
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料


東京藝術大学大学美術館


台灣の近代美術-留学生たちの青春群像(1895-1945)

台湾からの留学生の主要な作品約50点を東京藝術大学大学美術館に集めて、留学生たちの軌跡と台湾における近代美術の展開を紹介することを試みます。

会期 2014年9月12日(金)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3
観覧料 無料
休館日 月曜日(ただし9月15日、10月13日は開館)、9月16日(火)、10月14日(火)


-台湾絵画の巨匠- 陳澄波 油彩画作品修復展
-國立台湾師範大学藝術学院文物保存維護研究発展中心・東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復油画研究室共同研究発表-

台湾の高名な画家、陳澄波(1895-1947)の油彩画作品を対象に実施した修復事業の共同研究発表展です。

会期 2014年9月12日(金)- 10月2日(木)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 正木記念館 1階、2階
観覧料 無料
休館日 9月16日(火)、22日(月)、24日(水)、29日(月)


平櫛田中コレクション―つくる・みる・あつめる―

会期 2014年9月23日(火・祝)- 10月19日(日)
午前10時 – 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料 無料
休館日 毎週月曜日、10月14日(火)
※ただし10月13日(月・祝)は開館


第5回企業のデザイン展 花王株式会社 「にほんのきれいのあたりまえ」 【予告】

会期 2014年10月4日(土)- 10月26日(日)
午前10時 – 午後7時 (入館は午後6時30分まで)
会期中無休
会場 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料 無料


国立国会図書館国際子ども図書館

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介します。


上野動物園

「第15回ライチョウ会議東京大会」開催
シンポジウム「ライチョウのために動物園ができること」参加者募集
日時 平成 26 年11 月2日(日)
13 時~16 時30 分
場所 東京国立博物館平成大講堂
内容 基調 講演 「ライチョウ 」とはどんな鳥なのか? -現状と課題と課題- 小林 篤(東邦大学理学部)

基調 講演 「飼って増やす動物園での取り組み」 堀 秀正 (恩賜上野動物園東園飼育展示係長 )

応募 専用応募フォーム
URL:https://www.tokyo-zoo.net/event/raicho2014/

応募締切:平成 26 年10 月18 日(土)


青森県下北半島紹介イベント
「第4回むつ市in上野動物園~北限のサルを訪ねて」
を開催します
北限のサルパネル展示
日時 平成 26年10月11日(土)10時~16時
10月12日(日)10時~14時
場所 東園 サル山前 特設テント
内容 北限のサルの野生での暮らしや下北半島で見られる他の野生動物をパネルで紹介します。


下北半島紹介コーナー
日時 平成 26年10月11日(土)10時~16時
10月12日(日)10時~14時
場所 東園 サル山前 特設テント
内容 北限のサルのふるさと下北半島むつ市を紹介するとともに、観光アンケート調査も行ないます。


北限のサル・ミニスポットガイド
日時 平成 26年10月11日(土)14時頃
10月12日(日)14時頃
場所 東園 サル山前
内容 上野動物園のサル山でくらす北限のサルを動物園スタッフが紹介します。

(公財)東京動物園協会提供


東京文化会館

6月より改装工事中


Related posts:

  1. 国立科学博物館『ヒカリ展』が始まりました!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 今日の上野公園はすっきりと晴れ渡り、日の光が暖かく快適な陽気でした。 噴水前広場では10/30(木)~11/3(月・祝)まで『創エネ・あかりパーク2014』が開催されます。レーザーパフォーマンスやヘブンア [...]…
  2. 国立科学博物館「太古の哺乳類」展が始まりました  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 夏休みまであと少し。休み期間は上野公園も沢山の人で賑わいます。国立科学博物館ではいよいよ『太古の哺乳類展―日本の化石でたどる進化と絶滅―』展が始まりました。小学生の知的好奇心を刺激する約170点の展示品と共に太古 [...]…
  3. 国立科学博物館『ヒカリ展』が2/22(日)で終了!  上野公園 美術館・博物館 混雑情報他 本日の上野公園は快晴でいい天気になり、観光客や家族でのんびりと散歩するなど多くの方が訪れていました。 木の上にはうぐいすかは不明ですが、小鳥も観察でき春が近づいているのを感じます。 [...]…

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-10

上野・浅草ガイドネットは、知ってます!台東区のことはおまかせ!

イベントカレンダー

2019.06
日月火水木金土
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019.07
日月火水木金土
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

施設別情報

Search
Feeds
Meta